search
とじる
トップ > レジャー > 「もう、こうなったら破れかぶれだ」弥生賞 藤川京子の今日この頃

「もう、こうなったら破れかぶれだ」弥生賞 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 但でさえ、難しい時期の3歳戦なのに、1戦どころか1回も走っていない馬も出走してきます。ならば、私にも考えが有ります。他は、それなりの馬が集まりましたが、何が違うのかと言われたら、ダノンプレミアムとオブセッションが強そうだという事ぐらいです。

 確かに、ワグネリアンやジャンダルムは良い馬にも見えて、勝っても驚く事はないでしょう。しかし、トラストケンシンに目を向ければ、持ち時計はありませんがいつも後ろからの競馬なので、ペースに合わせる格好になっていただけなのかもしれないし、サンリヴァルも逆に持ち時計だけ見れば、過去のデータなら3着までに絡む可能性は高い方です。

 そうなると他の馬も同じ事が言えるので、全部を買うはめになってしまいますし、1回も走っていない馬の力を計るのは難しいし、そう考えているうちに馬券が膨らんで、予想している意味が薄れてしまう。それだったら分からない馬が滑り込んで来ても的中出来る複勝かワイドという買い方にするか、分からない馬こそ買って勝負するかになります。

 だからと言って、ダノンプレミアムとオブセッションを買っても馬券の旨味は殆どない。しかし、無理に穴馬を買うと、ろくなことはない。ここは決め打か、いや3歳戦の決め打は危険すぎる。だが、多点買いするほどのメンバーでもない気もする。それにまさかのヘヴィータンクが来れば、馬券的には絶品になる。でも、そうやっていつも無駄な馬券を買って後悔しているじゃないの。

 やっぱり、因縁の対決であるディープインパクト産駒のダノンプレミアムとオブセッションとワグネリアンに対抗して、ハーツクライ産駒のトラストケンシンに留めておくべきか。しかし、昨年のように後ろからの馬が牽制し合って、前残りパターンも拭い去れないとなると、サンリヴァルを切るのは惜しい。

 やはり、ここはダノンプレミアムとオブセッション2頭軸からトラストケンシン、ワグネリアン、ジャンダルム、サンリヴァル、リビーリング、ヘヴィータンクに流すのが順当のような気がして来ました。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ