search
とじる
トップ > 芸能ニュース > クリス・マーティン、亡き友人のためにシークレットギグ

クリス・マーティン、亡き友人のためにシークレットギグ

 コールドプレイのクリス・マーティンが、13日水曜日に行なわれたシークレットギグでオアシスの曲をカバーした。
 クリスはまたコールドプレイの未発表曲で昨年9月にアップル・カンファレンスにて披露した『ウェディング・ベルズ』も演奏したが、この曲は「ちょっと感傷的な曲かも」と言いつつも「アルバムには収録されない」とコメントした。
 また、ある女性の観客がクリスにオアシスの1995年発表シングル『ワンダーウォール』の演奏をリクエストし、「仕方ない、やるか。でも君が一緒にやるならね」と返答した。そして女性はクリスと一緒に数フレーズに参加、パブにいた観客も一緒に歌ったという。

 クリスはその後、コールドプレイ2枚目のアルバムからの『グリーン・アイズ』、『ア・ラッシュ・オブ・ブラッド・トゥ・ザ・ヘッド』をコメディ俳優のサイモン・ペグと共に演奏して締めた。
 『ア・ウェイク・フォー・ジョン・パークハウス』という名前のこのシークレットギグは先頃亡くなったパブのオーナーを弔うためにサイモンが企画した。
 サイモンは後に「たくさんの称賛をアーチウェイ・ロードのザ・ブガルーに。それは、素敵な男を見送る素晴らしい一夜だった。ジョン、良い旅を」とツイートした。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ