search
とじる
トップ > 芸能ニュース > AKB48総選挙 出世順位19位は“西の釣り師”渡辺美優紀

AKB48総選挙 出世順位19位は“西の釣り師”渡辺美優紀

 アイドルグループ、AKB48の総選挙の開票イベントが6日、日本武道館で行われ、第1位がAKB48、チームKの大島優子となった。そんな中、AKB48の総選挙で注目の順位となっている19位にはNMB48のチームMに所属、AKB48のチームBを兼任する渡辺美優紀(18)が選ばれた。

 19位は、これまで、松井珠理奈(SKE48)、指原莉乃、横山由依などが獲得してきた順位で、この順位から大きく羽ばたいた“縁起のいい順位”なのだ。それでは、今回、この順位を獲得した渡辺美優紀とはどんなメンバーなのか。

 渡辺美優紀はNMB48の初期メンバーオーディションに合格してNMB48のメンバーに。同グループのキャプテンである山本彩とともに、NMB48の顔として活躍している。そんな渡辺だが、ファンの間では“西の釣り師”と話題になることが多い。

 「“釣り”とは、テレビや握手会、ブログなどでもファンを取り込むこと。これが上手いメンバーは“釣り師”と呼ばれています。渡辺はこれが非常に上手い。ちなみに、“東の釣り師”と呼ばれているのが、今回、54位にランクインしたAKB48、チーム4の山内鈴蘭です」(アイドルライター)

 “釣り師”と評判の渡辺は今、新しいファンを獲得し、昨年の圏外から大きく躍進、19位となった。

 「偶然だとは思いますが、今回も19位は注目のメンバーとなりました。AKB48のチームBのメンバーとしても活動することが決まっていますから、今後さらに人気を獲得する可能性は十分ありますね」

 壇上では、「日本一のアイドルになれるように頑張る」と宣言した渡辺。その夢は叶うのか!!

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ