search
とじる
トップ > 芸能ニュース > イケメン俳優・北村諒、美しい芸妓のコスプレが話題「もし役者じゃなかったら…」

イケメン俳優・北村諒、美しい芸妓のコスプレが話題「もし役者じゃなかったら…」

pic pic

北村諒

 俳優の北村諒が26日、都内で自身が編集長も務めたムック本「Another Life」の発売記念イベントを開催した。もし役者でなかったらどんな人生を歩んでいたかを7つのストーリーで再現する内容の本書で、北村は自ら「性別の違うもので」と“芸妓”を選んだといい、芸妓のコスを再現する中、三味線にも挑戦したと明かして笑顔を見せた。

 本書について、北村は「今役者という人生を歩ませてもらっている中で、もし、役者じゃなかったら何になっていたかっていうことをモチーフに、色々な人生を生きさせてもらいました」と説明。「ファンの方にもそれを見て楽しんでもらえたら。今まで歩んでみたかった人生がたくさん詰め込まれた内容になっています」と紹介し、この日は編集長の名刺も持参。ファンにその名刺を配るパフォーマンスも。

 なりたいもののひとつとして取り組んだ芸妓コスについては「これまで女装をすることはあっても、あそこまで本格的にやったことはなかった。7つある中でひとつくらい系統の違うものがあってもいいのかなって」と選んだ動機を紹介。「芸妓さんの衣装を着て、三味線にも挑戦したんです」と嬉しそうに明かすと、指導を受ける中、「女性特有の所作を感じれました」としみじみ。

 「首の角度、手の角度、話しかけるときのポジションとかが形としてできあがっていて、すぐにできるモノではないと感じました。(芸妓の世界を)見れてよかったです。未知の世界でした」と北村。また、「一番テンションが上がったのはスカイダイビングでした」ともコメントし、「企画の段階で『何やりたいですか』って聞かれて“スカイダイビング”って一秒で答えたんです。やってみて損はない貴重な経験でした」と実際体験したスカイダイビングの世界を振り返ってにっこり。

 カーレーサーにも扮しており、「レーサーはそういう役が来た時にどう演じるかを経験する上でもいい体験になりました。鈴鹿で実際にマシンに乗って走る経験はなかなかないのですごくいい経験になりました」と述べ、「体感としては200キロくらい出ている感じがしました。改めてレーサーの方のすごさを実感できました」と話していた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ