search
とじる
トップ > 芸能ネタ > ガリットチュウ熊谷が“熊谷茶”に 改名して成功した芸人、失敗した芸人の法則性は

ガリットチュウ熊谷が“熊谷茶”に 改名して成功した芸人、失敗した芸人の法則性は

pic pic

ガリットチュウ・熊谷茶

 23日、ガリットチュウ福島善成の単独ライブ『ガリットチュウ福島の哀愁プンプンLIVE』が開催。イベント中に、相方の熊谷岳大が登場し、“熊谷茶”に改名することを発表した。

 福島は、私生活で酒におぼれる熊谷に少しでも改善してほしいという想いから“熊谷茶”と命名したと改名の理由を発表。今後、熊谷は“熊谷茶”として活動していく。

 このように心機一転で改名する芸人は多い。さまぁ〜ずの三村マサカズは、本名の“三村勝和”名義でデビュー。読みづらいということから改名した。博多華丸・大吉は、鶴屋華丸・亀屋大吉で活動した後、知り合いの女性からの助言で2人とも改名している。

 “あるある”で人気のレイザーラモンRGも本名(出渕誠)で活動していたが、相方のレイザーラモンHG(HGも本名・住谷正樹で活動していた)の活躍に乗っかる形で改名した。また、星田英利は、“ほっしゃん。”としてピン芸人活動を行っている時期があり、その間に『第3回R-1ぐらんぷり』優勝を果たした。ちなみに、この芸名を勧めたのはナインティナイン矢部浩之である。

 「このほか、野性爆弾のくっきーやサイコキャラで人気が出ているジャングルポケットのおたけなども本名(それぞれ川島邦裕、武山浩三)から改名し、ブレイクを果たしています。占い的に画数が変わって良くなったのか、気持ちに変化が起きたのか、もともと実力があったのかは分かりませんが、改名して良い方向に向かう芸人がいるようです。しかし、中には地獄に落ちた芸人もいます」(エンタメライター)

 極楽とんぼの山本圭壱は、2006年6月に本名である“山本圭一”に改名したが、わずか一か月後の7月に事件を起こして10年間芸能活動を休業。2000年代前半頃、テレビに多く出演していたモンキッキーも、当時“おさる”として活躍していたが、占術家・細木数子の勧めにより“モンキッキー”に改名。しかし、どんどん露出が減ってしまい、“おさる”に戻すハメになった(番組の企画で再びモンキッキーと改名している)。

 改名が天国になるのか地獄になるのかは、その後の活動によって変わるようだ。熊谷も私生活を改めて芸に邁進してほしいものである。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ