search
とじる
トップ > 社会 > 警視庁の警部補が同僚の捜査費を盗み停職処分に

警視庁の警部補が同僚の捜査費を盗み停職処分に

 警視庁は8月1日、同僚に支給された捜査費を盗んだとして、万世橋署刑事組織犯罪対策課の男性警部補(55)を、窃盗容疑で書類送検した。警視庁は同日付で停職6カ月の懲戒処分とし、警部補は依願退職した。

 警視庁によると、警部補は昨年8月頃から今年3月まで計3回、署内の同課事務室で、同僚5人の机の引き出しから計12万円を盗んだ疑いがある。

 そのうち、今年3月9日午後7時頃、同僚3人の机の引き出しから、捜査費計6万円を盗んだ容疑について、盗んだ日などが特定できたとして、書類送検した。他に、昨年8月、同11月に計6万円を盗んでいた。

 犯行当時、事務室内は警部補しかおらず、引き出しは施錠されていなかった。捜査費は月初めに2万円ずつ支給され、各捜査員が机などに保管していた。

 同僚の1人が同11日、被害に気付いた際、警部補が「自分が借りている。すぐに返す」と話したという。その同僚は以前にも、同様の被害を受けたことがあったため、上司に相談し、事件が発覚した。

 警部補には数千万円の住宅ローンがあるほか、パチスロ代や生活費などに充てるため、消費者金融に約400万円の借金があったといい、「光熱費などの支払いに困って盗んでしまった」と容疑を認めている。

 警視庁の森元良幸警務部参事官は「警察官としてあるまじき行為で厳正に処分した。人事管理、業務管理を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントしている。

 捜査費ということで、罪の意識が希薄だったのかもしれないが、人様の金を黙って持ち出すのは紛れもなく盗人行為だ。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ