search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 宇垣アナが“TBSは死にました”? 爆問太田、元テレ朝小川アナ『NEWS23』就任の不安に独自の表現

宇垣アナが“TBSは死にました”? 爆問太田、元テレ朝小川アナ『NEWS23』就任の不安に独自の表現

pic pic

爆笑問題・太田光

 5月7日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)において、この6月から『NEWS23』(TBS系)で新たにニュースキャスターを務める元テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーについて、爆笑問題の太田光が制する場面が見られた。

 小川アナは、この2月にテレビ朝日の退社報道が出たのち、『NEWS23』のキャスター就任が報じられていたが、その後正式発表された。小川アナは『報道ステーション』(テレビ朝日系)のサブキャスターも長らく務めており、いわばテレ朝の夜の顔であった。そのため、ネット上では「TBSに(元テレ朝の)小川アナとかややこしすぎる」といった声が聞かれる。

 太田もそうした小川アナの電撃移籍には違和感を持ったようで、「『報道ステーション』やっていて、なんだかわけわかんないね。あれも裏で何やってんだって感じしない? 裏で取引しちゃってさ。そんなやつが報道伝えられるのかって思うよな」と牽制した。田中裕二も「どういう経緯かは知らないですけど」と不思議そうな様子だった。

 さらに太田は、この3月にTBSを退社した宇垣美里アナウンサーに会ったようで、「小川のあれを言ったら宇垣が『TBSは死にました』って言ってましたからね」と話した。もちろん、これは太田お得意のジョークであり、宇垣アナがそうしたことを言うはずもないだろう。「TBSは死にました」は『NEWS23』の前番組のキャスターを務め、2008年に亡くなった筑紫哲也さんが、オウム真理教をめぐる「TBSビデオ問題」を受け発した言葉である。

 これを受け、ネット上では「今の若いリスナー、筑紫さんの発言知らないだろ」「太田ギャグにしてるけど、けっこうマジなクレームでもあるんでは」といった声が聞かれた。

 小川アナはもともと報道志向が強く、テレ朝で活躍の場がないため活路を求めた形といえる。硬派なジャーナリズム路線を追求して欲しいものだが、報道の雄といわれたTBSとて、人気ラジオ番組であった『荒川強啓デイ・キャッチ!』がこの3月で突如終了するなど不可解な編成が見られる。太田の発言の裏には、こうしたTBSの社風の変化に対する不満も込められているのかもしれない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ