search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「あんじょうきばりや」 『後妻業』の木村佳乃が“コテコテ過ぎる”と話題 ネット最注目ドラマ?

「あんじょうきばりや」 『後妻業』の木村佳乃が“コテコテ過ぎる”と話題 ネット最注目ドラマ?

pic pic

木村佳乃

 火曜ドラマ『後妻業』(フジテレビ系)の第1話が22日に放送され、平均視聴率が8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。

 木村佳乃主演の本作。原作は黒川博行氏の同名小説で、16年には『後妻業の女』というタイトルで映画化された。“後妻業”を生業とする結婚相談所の会員・小夜子(木村佳乃)を中心に、共謀する結婚相談所の経営者・柏木(高橋克典)や、小夜子の行動を不審に思った被害男性の娘・朋美(木村多江)との攻防などが描かれている。

 第1話では、小夜子が元教師の中瀬(泉谷しげる)とお見合い結婚。その事実を娘の朋美らは中瀬が意識不明で倒れたことをきっかけに知る。あまりの怪しさにの私立探偵・本多(伊原剛志)を雇い、“後妻業”疑惑を追いかけるというストーリーだ。木村の悪女役には放送前から期待が高まっていたが、放送後に聞こえてきたのは、「関西弁がキツすぎる」「今どきあんなコテコテの関西弁、Vシネでも聞かない」といった声だった。

 「大阪が舞台の本作で、木村演じる小夜子は『あんじょうきばりや』『おおきに』などデフォルメされた関西弁を多々使用し、始終派手な服に身を包んで不自然なウィッグも着けていました。『そんな言葉、使わない』といった指摘が入っていたのも事実ですが、そのわざとらしさが“後妻業”のうさんくささを引き立たせる結果に。下手な関西弁も演出の一部だったのでしょう」(ドラマライター)

 また、本作は前クールで放送されていた『中学聖日記』(TBS系)、『黄昏流星群〜人生折り返し、恋をした〜』(フジテレビ系)などとも共通点があるという。

 「視聴率はいまいち伸びなかったものの、この2作はネット上の“実況人気”が高いことでも知られていました。『後妻業』も殺人が起きかねないテーマにもかかわらずコント感あふれる雰囲気に対し、『いかにもドラマ感がしていい』『リアリティがない感じが逆にいい』という声が放送中から集まっていました。わざとらしい関西弁への指摘含め、今後もネットからの人気は今後も加速するでしょう」(同)

 アクの強い関西弁を逆に武器にし、人気作になることはできるだろうか。今後も注目が集まる。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ