『ルパンの娘』、今期ドラマで一番? 前評判に反し絶賛のワケは怪演女優の“やりたい放題”

芸能ニュース 2019年07月12日 14時00分

『ルパンの娘』、今期ドラマで一番? 前評判に反し絶賛のワケは怪演女優の“やりたい放題”深田恭子

 木曜ドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)の初回第1話が11日に放送され、平均視聴率が8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。

 代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。第1話では、図書館に勤める三雲華(深田恭子)が恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)に連れられて家族に挨拶するも、代々一族には警察官しか受け入れない桜庭家は華を拒絶。華は落胆し、和馬との結婚を諦めなければならないのかと思い悩む。その理由は、三雲家は泥棒一家で――というストーリーとなっていた。

 放送前は「B級映画感しかない」「深キョンのキョトン顔しか浮かばないし地雷ドラマになりそう」といった懸念が多く聞かれていた本作だが、放送後は意外なほど高評価が集まっているという。

「華の母を演じるのが深田のたった6歳上の小沢真珠であったり、その衣装やコンセプトから『ルパンというよりキャッツアイ』などの声が集まっていた本作ですが、蓋を開けると、視聴者が想像していた以上にコメディに振り切った仕上がりに。序盤では、華と幼馴染み・円城寺(大貫勇輔)が会話している途中、なぜかミュージカルが始まるという一幕があったのですが、視聴者からは『なんでミュージカル?(笑)』『不意打ちミュージカルに吹いた』といった声が殺到しました。さらに中盤、結婚に悩む華の前に、再び円城寺がミュージカル調で登場し歌っていると、華は『本当、今日それやめて。そういうテンションじゃないの』と冷たいツッコミ。『深キョンがミュージカルにドン引きしてるの笑った』『このミュージカルは毎週楽しみになるかも』といった声も聞かれました」(ドラマライター)

 また、母親役の小沢真珠にも評判の声が集まっている。

「小沢真珠といえば、強烈なイジメキャラなどのイメージが強くありますが、本作でも鼻にかかった声で典型的な成金女性を熱演。と、思いきや、盗みのシーンでは、中国人マッサージ師に扮装し、勝手な理屈を述べながら、相手に紙おむつを被せて現場をかく乱させるなどやりたい放題。『小沢真珠のキャラが強すぎて最高』『小沢真珠に私の心全部持って行かれた』という絶賛が聞かれたほか、『このドラマ今期イチ面白いかも』『絶対毎週見るわ』という声も聞かれました」(同)

 視聴率こそ伸びなかったものの、思わぬ好評を集めた『ルパンの娘』。今後にも期待したい。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る