search
とじる
トップ > 芸能ニュース > またまたトラブルが発覚した韓国芸能界

またまたトラブルが発覚した韓国芸能界

 昨年末で所属事務所との専属契約が終了していた、韓国のガールズグループ・T−ARAのメンバーたちが、今後グループ名を使用できなくなることを、韓国メディアが報じている。

 各メディアによると、T−ARAの前所属事務所のMBKエンターテインメント(以下MBK)は昨年12月28日、T−ARAの商標権を韓国の特許情報検索サービス(KIPRIS)に出願。

 同商標の指定商品は、ダウンロード可能な音楽、携帯電話の着信音、音楽公演が収録された電子メディア、歌手公演業など、さらには各種ファッション製品、化粧品など。商標権が登録されればT−ARAのメンバーはMBKの許可なくこれらの事業を行うことができなくなるというのだ。

 一部メディアの取材に対しMBKは、「『T−ARA』というブランドに対し、会社が権利を持つのが当然なので登録(出願)した」と回答。メンバーたちへの告知については、「そのような話はしていない」としたという。

 「同グループは少女時代、KARAが日本で“K−POP旋風”を巻き起こしたことから、その流れに乗ろうと11年に日本デビュー。ファンクラブも発足させていたが、思ったほど日本で人気が出ず、昨年は日本でほとんど活動していなかった。そうしているうちに、日韓両国でガールズグループ・TWICEが大ブレーク。そして昨年末、メンバーたちとの契約解除となった」(韓国芸能界に詳しいジャーナリスト)

 とはいえ、事務所に商標を押さえられてしまっては、現時点でメンバーたちの収入源はなし。選択肢といえば、新グループ結成しかないが…。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ