search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 元モーニング娘。たちの人間関係

元モーニング娘。たちの人間関係

 最近はAKB48に押されまくり、一時の人気は過去のものとなりつつある「モーニング娘。」。しかし、元メンバーは絶頂期のネタを話すことで、バラエティ番組などでそこそこの需要はあるようだ。

 お笑いコンビ品川庄司の庄司智春と結婚したミキティこと藤本美貴は、テレビ番組でモーニング娘。時代の不満を語った。まず、やり玉にあがったのが辻希美。多忙なモーニング娘。は車移動中は車内で寝るのが暗黙の了解になっていた。しかし、辻は騒ぐことが多く、「うるさい!」と一喝したこともあったとか。そして、辻以上に彼女がキライだったのが石川梨華だったという。同い年の彼女、少々口うるさいミキティに、「お母さんみたい」と発言。これにミキティはイラッときたようだ。

 メンバーから離れて、もっとも当時のメンバーの悪口で大活躍、この手の話で引っ張りだこなのは矢口真里だろう。タクシーで辻、加護の間に挟まれ、「このチビうぜえ」とのメールされた話。バラエティ番組のスタジオに飯田圭織をひっぱり出してきて、彼女にムカついていたことを告白。そもそも矢口はモーニング娘。を抜ける時に正式な卒業でなく写真週刊誌「フライデー」に掲載された小栗旬との2ショット記事によって脱退している。しかし、そんな彼女がもっとも、“元モーニング娘。”という恩恵を受けているようだ。

 初代リーダーである中澤裕子は「仲がよかったメンバーは?」との質問に「みんなキライだった」とバッサリ。

 この手の告白が最近は増えているが、彼女たちが番組に出て“あいつがキライだった”という話を披露すれば、必然的に批判されたメンバーもスタジオ出演とまではいかなくとも存在をアピールすることはできる。もしかすると、“仲が悪い”発言は芸能界を生き抜くための彼女たちなりの作戦なのかもしれない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ