search
とじる
トップ > 芸能ニュース > クイズ番組ランキングで長寿番組「世界ふしぎ発見」が1位に輝く

クイズ番組ランキングで長寿番組「世界ふしぎ発見」が1位に輝く

 テレビ放送で優良番組の増加を目指す「優良放送番組推進会議」が28日、民放で放送されている「クイズ番組」のアンケート調査結果を発表した。

 調査の対象は8番組。アンケートは983人(男性534/女性449)が回答。20代〜30代、40代〜50代、60代以上の男女。回答者がアンケート用紙に記載された番組を選んで、5段階評価するという集計方法である。

 平均点ランキングで、見事第1位に輝いたのは28年間続いている長寿番組TBS「世界ふしぎ発見」。「家族で楽しめる番組です」「大変勉強になります」などの肯定意見が挙がった。「スーパーヒトシ君人形」「ミステリーハンター」などが番組の名物で、ミステリーハンターでは竹内海南江が“レジェンド”として有名だが、かつては女優の本上まなみ、吉本多香美、奥菜恵などもミステリーハンターとして番組に出演していた。

 第2位は2015年に40年目を迎えるテレビ朝日「アタック25」。「家族で欠かさず見ている番組の一つです」「昔から変わらずの安定感だと思います」という肯定的な意見が挙がった。一方で「出演者を小馬鹿にしているようなアナウンサーのコメントに何度もイラッとさせられました」との否定的な意見もあった。1975年の開始当初から2011年まで俳優の児玉清が司会を務めていたが、児玉の他界に伴い、現在はテレビ朝日アナウンサーの浦川泰幸が司会を務めている。

 第3位はフジテレビ「ネプリーグ」。「漢字や雑学、家族で見るのに丁度いいクイズの内容です」という肯定的意見も挙がったが、「小学生に見せたくないクイズを出題していました」との否定的意見も。番組には、お笑い芸人、俳優、女優、モデルなど様々なジャンルの芸能人が出演し、フリートークも充実。芸能人たちのプライベートな部分も覗くことが出来るポイントが魅力的だ。

 第4位は9月いっぱいで番組が終了し、22年の歴史に幕を閉じるTBS「さんまのSUPERからくりTV」。「終わらないで欲しいです」という肯定的意見と「マンネリ化してます」という否定的意見が挙がった。以前には、「からくりビデオレター」、「サラリーマン早調べクイズ」、「からくりお悩みパピリオン」など名物コーナーを生み出し、お茶の間に笑いを届けた。

 第5位はお笑いコンビのさまぁ〜ずが司会を務めるテレビ朝日「クイズプレゼンバラエティQさま」。「ちょっとした頭の体操になります」などの肯定的な意見が挙がった一方、「回答者が変わるだけで、視聴者が暗記するくらい同じ質問が出てきてつまらないです」という否定的な意見が挙がった。

 フジテレビの「ペケポン」、「クイズ! それマジ!? ニッポン」、「クイズ30団結せよ!」もアンケート対象だったが、ランクインしなかった。ロンドンブーツ1号2号の田村淳とローラが司会を務める「クイズ30団結せよ!」では、「MC(特にローラ)が好きではありません」「進行が出来ない司会者で、見る気がしません」という否定的な意見が挙がった。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ