search
とじる
トップ > アイドル > 嵐のリーダー大野、TOKIOのリーダー城島を決めたのは、意外なあの人

嵐のリーダー大野、TOKIOのリーダー城島を決めたのは、意外なあの人

pic pic

画像はイメージです

 解散はしていないため、ジャニーズ事務所の長兄グループは実は、少年隊だ。しかし、ここ数年は、舞台と映画、テレビドラマ、キャスターと幅広い活躍を見せている東山紀之と、舞台だけに絞った植草克秀と錦織一清に二極化。錦織は、後輩ジャニーズのみならず、外部舞台の演出を担うほどらつ腕を発揮している。そんな少年隊がTOKIO、嵐に多大なる影響を与えていた。実は、双方のリーダーを決めたのは少年隊だった。

「嵐のリーダーは、大野智くん。グループ最年長ですが、彼の場合はそれが理由でリーダーを任されたワケではなく、ヒガシ(東山)さんのやり方で、押しつけられたんです」(女性週刊誌の芸能記者)。

 嵐は結成直後、少年隊の冠番組『少年隊夢』(フジテレビ系)に出演している。本番中、「リーダーがいないなら、今すぐ決めろ」と、先輩が迫った。櫻井翔、松本潤、二宮和也、相葉雅紀は、入所も早く、年齢も上の大野を推した。しかし、学生時代から人の上に立つことが苦手だった大野は、是が非でも避けたかったため、しっかり者の櫻井を推した。

 結果、2人はジャンケン。大野が勝った。「やったー!」と本気で喜ぶと、「勝ったから、(リーダーは)大野な」と東山。彼は、大野がMusical AcademyというJr.によるダンスユニットで、卓越した技術を見せていたことをかねてから高く評価していた。メンバー4人がそろって大野を推した理由も、なんとなくわかった。かくして誕生した“リーダー大野”。少年隊にしてみれば、してやったりだった……!?

 ちなみに、少年隊がこの“勝者リーダージャンケン”を採用したのは、嵐が初めてではない。直系の後輩といえるTOKIOが、最初だ。TOKIOは、現存するジャニーズユニットでは数少ない少年隊のバックダンサー経験者。ある日の移動車で、大ゲンカをはじめた。前に座っていたメンバーのシートが、その後部座席に座っていたメンバーの膝に当たったことが原因だった。

 そのときに立ちあがったのは、植草。「おまえら、何やってんだ! リーダーは誰だ?」と聞くと、「いません」と返答。植草は、その場でジャンケンをさせた。勝ったのは、城島。大野と同じく喜んだが、その後にリーダーを任命されて、肩を落としたという。

 80年代アイドル界を席巻し、今なお表現者でいる少年隊の3人。そんなレジェンドに決められたリーダー。超貴重だ。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ