search
とじる
トップ > レジャー > 「直線の立ち上がりど真ん中の馬が勝つ」高松宮記念 藤川京子の今日この頃

「直線の立ち上がりど真ん中の馬が勝つ」高松宮記念 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 今年の全出走馬好走平均距離に近い16年のレースに今回のメンバーを当て嵌めるとダンスディレクターが有力だと思われますが、他のメンバーを見渡すと甲乙付けがたいです。しかし、レースの傾向を見ると逃げ切りは少ないので、レース展開で先頭の馬は1着にはなりづらい傾向があるようです。そうなるとネロ、ダイアナヘイローは馬券に絡む可能性は高くても1着は難しいのかもしれないと想定されますが、今回のレースも前でレースをするとは限りませんし、前に1頭置きたいと思っていると思います。この辺はスタート次第になるのですが、短距離レースなのでここは騎手にとっても難問になると思います。

 このレースで良く馬券に絡むオーシャンS組とシルクロードS組と阪急杯組の勝ち馬であるキングハートとファインニードルもダイアナヘイローも出てきます。更に内枠に入ったセイウンコウセイは、前走のシルクロードSは2着で復活の可能性を示唆していますし、外国馬のブリザードはスプリンターズS中山では5着でしたけれど終盤の末脚は悪く有りませんでしたし、中山と中京右回りと左回りで勝手が違うので良くなるのか悪くなるのかは微妙です。

 16年のレースを参考にすると、3着に来た馬はNHKマイルCSで2着だった馬だった事を考えると、リエノテソーロもそうでしたので大穴になるかもしれません。見落としがちなのはレッツゴードンキとシャイニングレイ。レッツゴードンキとブリザードは香港スプリントで対戦し、ブリザードが先着しています。16年に馬券に絡んだ2頭は1400m以上で好タイム実績のある馬でしたので付け加えるならレッドファルクス。

 これを踏まえるとダンスディレクター、レッツゴードンキ、レッドファルクスが濃厚なのかもしれませんが、獲りに行くなら多めに流した方が良いと思いますが意外に荒れないこのレースは、みんなが多めに流して買っているからだと思います。中段から最終コーナーの直線の立ち上がりで真ん中をとった馬が勝者になると思っています。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ