search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 卒業メンバー続出でわかってきた総選挙立候補制の意味

卒業メンバー続出でわかってきた総選挙立候補制の意味

 アイドルグループ、AKB48の第5回総選挙を間近にして、総選挙を辞退したメンバーが続々と卒業を発表している。

 総選挙を辞退して、卒業を発表したのは、AKB48からは、松原夏海、小森美果、中塚智実とすべてが卒業を発表。SKE48研究生の藤本美月、NMB48の山本ひとみも卒業を発表。またAKB48の秋元才加も総選挙の立候補制が発表されたことで、卒業を決断している。

 「メディア露出が少ないメンバーでも、予定がどんどん詰まっていくAKB48グループでは、自身の卒業を考えるタイミングが難しい。この立候補制は、ある意味で、そのタイミングを与えることにもなった。ただ、来年も立候補制が採用されるならば、“自分の推しは出馬するのか、しないならば…”とファンは戦々恐々でしょうね」(アイドルライター)

 ここまで運営側が考えて、今回の立候補制を考えたかは不明だが、総選挙を辞退したメンバーのファンは眠れない夜が続きそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ