search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 【沖縄国際映画祭】EXILE・AKIRAがムチャ振りに…照れながらも「元気があれば〜」

【沖縄国際映画祭】EXILE・AKIRAがムチャ振りに…照れながらも「元気があれば〜」

 沖縄国際映画祭の長編プログラムPeace部門で映画『ワーキング・ホリデー』が25日、公式上映され、、舞台挨拶にEXILEのAKIRA、ガレッジセールのゴリ、ほんこん、子役の林遼威、岡本浩一監督らが登場した。

 同映画で主演をつとめた AKIRAについて、林遼威は、「休憩中はAKIRAさんが、アントニオ猪木のモノマネをしてくれた」とのエピソードを語ると、場内からはリクエストの声がかかる。AKIRAは照れて、アゴを突き出し「元気があれば〜」と、ファンに披露した。

 また、ほんこんは、映画の共演をきっかけにAKIRAと親しくなり、メールアドレスを交換した話を語ると、会場の女性ファンからから、「いいなあ〜」との声があがり、うらやましがられると、「だって、俺、芸能人やもん」と胸を張った。

 映画『ワーキング・ホリデー』はAKIRAの主演第二作。宅配ドライバーに転職した元ヤンのホストと家出してきた超しっかりものの小学生のヘンテコな共同生活を描いている。また、テレビドラマ「家政婦のミタ」でブレイクした忽那汐里もゲスト出演している。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ