search
とじる
トップ > ミステリー > 釧路湿原での未確認飛行物体目撃情報に注目

釧路湿原での未確認飛行物体目撃情報に注目

pic pic

画像はイメージです。

 7月7日から9日まで行われたサミット。環境、食料と地球、そして人類の未来についてのテーマが重要視された画期的なサミットとなった。

 NMRではサミット開始前から「宇宙開発について重要なミーティングがもたれる」という情報を入手。実際に宇宙についてどれだけの話し合いがもたれたのか情報は続々と集まってきているが現在その内容について分析中であり、読者への報告は後日までしばし待たれたい。
 また一方で編集部には、サミット期間中に目撃されたUFO情報も幾つか寄せられている。主に北海道で目撃されたUFOについての情報を紹介すると「函館から十勝方面に不自然な動きをする未確認飛行物体を目撃した」
 「静内上空で飛行中突然消えた物体がある」など散発的な情報が集まっている。この未確認飛行物体の正体が何なのか、判断材料が少ない状況ではあるが、我々編集部では釧路湿原で目撃された2件の未確認飛行物体の情報に注目している。2件の目撃情報は日付こそ違うが、

●2件とも昼間に目撃されている
●低空を飛んでいた
●数秒後、すぐに雲の中に消えてゆくように消えた

と証言に共通点が多い。
 専門家に話を聞くと、「釧路湿原は北海道でも比較的多くのUFOが目撃されるスポット、にわかにサミットと結びつけるには無理がある」と肯定的とは言いがたい見解を示した。
 短期間のうちに同じ動きをする未確認飛行物体の複数目撃情報は、今後の展開如何によっては非常に貴重な情報へと脱皮をする可能性があるのではないだろうか?
 7月上旬・釧路湿原の情報があれば編集部まで連絡をしていただきたい。

(写真=2004年に釧路湿原で撮影されたUFOの写真)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


ミステリー→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

ミステリー→

もっと見る→

注目タグ