最も多いのはどの場所? 年6場所における歴代横綱の“引退人数”

スポーツ 2018年04月29日 19時00分

最も多いのはどの場所? 年6場所における歴代横綱の“引退人数”画像はイメージです

 “土俵上女人禁制”の伝統が物議をかもし、さまざまな騒動が起きた大相撲の春巡業。その春巡業も先の4月27日に全日程が終了した。5月にはいよいよ1年で3番目の場所となる5月場所を迎える。

 5月場所に関しては、鶴竜の2場所連続優勝や栃ノ心の大関への挑戦、さらには初めて三役に昇進した遠藤の戦いぶりなど注目する点は多い。ただ、やはりファンが一番気にかけているのは横綱・稀勢の里だろう。

 現在6場所連続で休場が続いている稀勢の里。現時点で5月場所への出場は明言していないものの、“次の出場場所に進退がかかる”との報道もある。もし出場すれば非常に大きな注目を集めることは想像に難くない。

 ところで、最近は前述の稀勢の里や昨年11月に引退した元横綱・日馬富士のこともあってか、“横綱と引退”について耳にすることが多くなった。どんな横綱にも必ず訪れる引退の時。歴代の横綱は、年6場所あるうち、どの場所で身を引いてきたのだろうか。

 大相撲の歴史において、年6場所制が確立した1958年1月場所から現在までに引退した横綱は28人(現役中に逝去した玉の海を除く)。これを場所ごとに振り分けると、最も多くの横綱が引退したのは1月場所の10人という結果となった。

 1958年の鏡里・吉葉山を皮切りに、昭和時代に“不沈艦”と称された北の湖、また平成では外国人初の横綱・曙や昨今話題を集める貴乃花といった面々が引退している1月場所。1年を占う最初の場所ということもあり、他の場所に比べて進退の決心もつきやすいのかもしれない。

 ちなみに、残る5場所での引退人数は、3月場所が5人、5月場所が4人、7月場所が3人、11月場所が6人。9月場所は年6場所制になってからは引退者が出ていない場所で、歴代で見ても羽黒山(1953年)と東富士(1954年)の2名しか引退者が存在していない。

 現在の横綱力士は白鵬・鶴竜・稀勢の里の3名。彼らは自らの“死に場所”として、どの場所を選択するのだろうか。

ピックアップ

トライアウト選手がほしい!トラが熱視線を送ったチーム事情
2018年11月14日 17時45分 [スポーツ]

地元の声援を背に…日米野球第4戦は広島勢が躍動
2018年11月14日 17時15分 [スポーツ]

スポーツ新着記事

ウラ巨人の星 ★原巨人が広島・丸佳浩FA獲得に「5年25億円」マネーゲーム
2018年11月14日 17時03分

「ザ・グレート・カブキ」全米を震撼させた“東洋の神秘”
2018年11月13日 22時03分

今年で18年目のプロ野球トライアウト 各球団の獲得人数は?
2018年11月13日 17時45分

ウラ巨人の星 ★松井秀喜が巨人監督「2年後内諾」
2018年11月13日 17時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る