search
とじる
トップ > 芸能ニュース > HKT48 宮脇咲良が“脱ロリ宣言”「もうロリちゃんじゃないの」

HKT48 宮脇咲良が“脱ロリ宣言”「もうロリちゃんじゃないの」

 アイドルグループ、AKB48の姉妹グループで、福岡・博多を拠点に活動する宮脇咲良の「脱ロリ宣言」がファンの間で話題になっている。

 google+で宮脇は、現在行われている「HKT48九州7県ツアー〜可愛い子には旅をさせよ〜」において、自身の「マジすか学園」でのキャラクターが、「マジやけん学園ロリータ連合カリスマのラッチ」であることを振り返った宮脇は、「正直なお話、もうロリちゃんじゃないのになぁって思っちゃったけど、やるなら全力でやりきろう! って」と綴り、さらに、「頭の髪飾りも、フリフリでちょっと恥ずかしかったです」とも。ステージで演じた“ロリコンキャラ”が恥ずかしかったことを語った。

 宮脇の所属するHKT48は、他のグループに比べて、年少者が多く、その中でも宮脇は幼い顔立ちから、これまでは、ファンの間では、“妹キャラ”として認識されることが多かったメンバーだが、今回の宮脇の“脱ロリ”宣言にはファンから、「これから、もっと素敵なオトナになって欲しい」と好意的な意見が寄せられている。

 さらに、彼女の“脱ロリ宣言”に関しては、グループ内での熾烈なキャラ争いが背景にあるとアイドルライターは語る。

 「まず、HKT48は3期生まで加入しました。1期生であり、メンバーを引っ張っていく立場となった彼女が、デビュー当時のように“妹キャラ”で押し通すのは難しくなった。2期生の秋吉優花や3期生の矢吹奈子など、新しい“妹キャラ”の出現の影響もあるでしょう。それに、“妹キャラ”には限界がある。さらに、キャラ変更に失敗して人気を落としたメンバーは実は多いんです」

 深読みすれば、この“脱ロリ宣言”には、様々な意味があるかもしれない。

 宮脇咲良は昨年の総選挙で26位。これは、第1位であった指原莉乃をのぞけば、HKT48内ではトップ。総選挙での選抜入りまで、あと一歩の段階でもある。今回の発言が、「新しい自分」をファンへ示す、きっかけになれば、選抜入りへ前進することになるだろう。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ