search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ドラマ『俺の話は長い』、生田斗真の“雄弁なニート”に期待の声 異例の「全20話」構成にも注目

ドラマ『俺の話は長い』、生田斗真の“雄弁なニート”に期待の声 異例の「全20話」構成にも注目

pic pic

清原果耶

 新土曜ドラマ『俺の話は長い』(日本テレビ系)が早くも評判を呼んでいる。

 主演の生田斗真演じるニートの独身男性・岸辺満を巡る家族関係が描かれる本作。働きたいという意欲は抱いているものの、起業したコーヒー店が失敗して以降、働かずに実家暮らしに。そんなある日、姉である秋葉綾子(小池栄子)が、夫・光司(安田顕)と娘・春海(清原果耶)を連れ、マイホーム建て替えの期間、実家に仮住まいさせてほしいと転がり込んで来るが、「口喧嘩に関しては誰にも負けない」という満はそれに反論し――というストーリーが描かれる。

 「実は本作、1枠の中で30分のドラマが2本見られるという特殊な作りになっています。全10回放送された場合、20話見られるということになり、テンポの良さにも期待が集まっています。また、脚本を手掛ける金子茂樹氏はこれまで、『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』(日本テレビ系)、『ボク、運命の人です。』(同)など、分かりやすく、笑える作品を書いてきた脚本家。“雄弁なニート”という特殊な特徴を持つ主人公ですが、笑いどころの多いドラマに仕上がるのではないでしょうか」(ドラマライター)

 また、キャストにも注目が集まっているという。

 「本作の最注目キャストは、綾子の娘・春海を演じる清原果耶です。清原と言えば、18年7月期のNHKドラマ『透明なゆりかご』で主演を務めて一躍ブレイク。今年上半期のNHK朝ドラ『なつぞら』にも出演し、主人公・なつ(広瀬すず)の妹を熱演しました。主演の広瀬を食う勢いの名演技で清原の株は急上昇し、今、最も注目すべき若手女優の一人となりましたが、その清原は今回、不登校で反発的な中学生という役柄。これまでの透明感のある役柄とは一転し、腹に一物ありそうな役に、『清原果耶ちゃんに期待!』『また演技力成長しそう』といった声も集まっています」(同)

 「今期一番面白そう」といった期待の声も見受けられたが、果たして視聴者の期待に応える仕上がりになっているのだろうか――。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ