search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 松本人志が贈る『ドキュメンタル』に続く新たな“笑い”『フリーズ』とは?

松本人志が贈る『ドキュメンタル』に続く新たな“笑い”『フリーズ』とは?

pic pic

松本人志

 Amazon Prime Videoにて、松本人志がプロデュースを手がける番組の第2弾『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE(フリーズ)』が、9月19日より配信されることが決定。予告編も公開された。

 今回の番組は、密室で芸人たちが笑わせ合いをする『ドキュメンタル』とは対照的な仕組みとなっている。“氷の塔”に集められた8人(フットボールアワー岩尾望、安田大サーカス・クロちゃん、南海キャンディーズ・しずちゃん、鈴木奈々、ダイアモンド☆ユカイ、FUJIWARA・藤本敏史、ボビー・オロゴン、諸星和己)は、松本から「フリーズ」と号令をかけられたら、何が起きても動くことはできない。番組が用意した生き物や最新テクノロジー機器など、次々と襲い掛かる試練に耐えなければならないのだ。もちろん、動いたと判断されれば脱落。最後まで残った1人に優勝賞金100万円が贈呈される。

 収録後、松本は「笑いというのは、“緊張”と“緩和”から生まれるものだと思いますが、今回の企画はその最たるものかもしれません」「あんまり僕が手応えあるあるというとそんなによろしくないので、相当いいと思います、ぐらいにしておこうかな」と自信満々のコメントを寄せている。

 「昨年、松本が企画構成も務める『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)にて、この番組のプロットとも呼べる“ノーリアクション王決定戦”が放送されました。レギュラーメンバーに加えて、大和田伸也、的場浩司、Zeebraなどが参戦し、とんでもない化学反応が起きました。視聴者の反響も上々でしたし、自信をもって収録に臨めたのでしょう」(お笑いライター)

 『ドキュメンタル』と差別化を図るためか、芸人以外のタレントや歌手が参加しているのも特徴。大和田や的場が『ガキ使』で躍動したように、鈴木や諸星らの活躍にも注目したい。本作品は全5話で、毎週水曜日に1話ずつ更新予定。松本人志が仕掛けた新たな“笑い”をあなたも体感してみては?

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ