search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 小籔千豊ノーバン投球成功も、コヤソニ招待券の質問攻めに「一般人の安室さんを招待」

小籔千豊ノーバン投球成功も、コヤソニ招待券の質問攻めに「一般人の安室さんを招待」

pic pic

小籔千豊

 吉本新喜劇の座長・小籔千豊が2日、京セラドーム大阪で行われたオリックス対埼玉西武の始球式に登場。昨年に引き続き、小籔が主宰する『KOYABU SONIC 2018』(コヤソニ=9月15日〜17日 インテックス大阪)と、毎週日曜日の朝に放送している関西テレビ『コヤぶるッ!SPORTS』を、マウンド上からマイクを掴み、約3万人の観客に向けてPRした。

 始球式では外角に逸れるボール球だったが、見事ノーバン投球に成功。「迷惑かけたくなかったんで、(ノーバンで)良かった」と安堵の表情。昨年は「ノーバン」と意気込んで臨んだところ、フェンスに直撃してしまうハプニングがあったことから、「今年はボールボーイが拾える範囲に投げられたら成功」という気持ちで投げたため、「大成功でした」と満足げだった。

 小籔は昨年に引き続き、過去に誤解が原因で因縁があるという歌手の安室奈美恵の名前を出し、「(コヤソニに)安室奈美恵さんを呼ぼうと思ったんですが、会社(吉本興業)に止められました」と笑いを取ると、報道陣から、日本ボクシング連盟の山根明元会長や、日本体操協会の塚原夫妻などを招待しないのか?と質問攻めに。小籔は苦笑いを浮かべながら「招待券を送るかどうか吉本に提案してみますけど、コンプライアンス的に…」と交わすも、「もし来てもケータリングを用意しないといけなかったり、『全部ウソ』と言われたら困ります」と報道陣を笑わせた。

 最後に安室の引退日とコヤソニの開催日が被っていることを指摘されると、「今回は会場の都合で仕方ないです。安室さんの記事の下に、少しでも添えてください」と各媒体に掲載のお願いを。そんな小籔に報道陣からフェス最終日(17日)は、安室が一般人になっていると伝えられると、「アーティストとしてのオファーは無理になりましたが、招待券だけは送らせてもらいたいです」と引退後でも誤解を解いて和解を成立させたいようだった。果たして安室本人にこの思いは通じるのか?

取材・写真 / どら増田

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ