search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 中居正広 心配されるアルコール摂取量

中居正広 心配されるアルコール摂取量

 今月中旬に気管支炎と肺炎のため約1週間入院していたことが一部スポーツ紙で報じられた元SMAPの中居正広。以前から中居本人は身体の異変を訴えており、さらに関係者の間ではアルコールの摂取量が心配されていた。

 2016年いっぱいで解散したSMAP。2015年の末頃からSMAPは空中分解していたようだが、詳細が世間に晒されたのは2016年1月の「解散&分裂」騒動。日本国内だけでなく海外でも大きな話題として取り上げられ、連日連夜様々な情報が飛び交った。騒動が過熱する中、SMAPメンバーはフジテレビ「SMAP×SMAP」で生謝罪。ここで一件落着かと思われたが、事態は急変。8月、SMAPは正式に解散を発表。そして、昨年12月31日をもって解散となった。一連の騒動の中で解散の原因とされているが、木村拓哉と香取慎吾の確執だった。

 「リーダーとして中居は、メンバーの意見を尊重しつつ、最善の着地点を模索していた。ただ、木村と香取との板挟みになっていたようで、そういったストレスもあったのでしょう」(芸能記者)

 昨年10月22日放送のラジオ番組「中居正広のSome girl' SMAP」(現:中居正広のON&ON AIR)で中居は、番組収録の際に大量の汗をかいてしまうことを明かし、その原因について「自分でもわからない」と説明していた。この放送後に、中居の“精神不安定”疑惑もささやかれたが、同番組で「そんなことないでしょ」と完全否定していた。

 「この頃、中居のアルコール量が周囲から心配されていた。中居自身、お酒を飲むことは好きですが、自宅にはアルコール類しか置いていないこともあった。ストレスやアルコールとの因果関係は不明ですが、睡眠の際に“何かに追いかけられる”という変な夢も見ていたようです」(芸能関係者)

 実際に体調を崩して入院しているだけに身体が心配される中居。アルコールもほどほどにして、身体には十分気をつけてほしいものだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ