search
とじる
トップ > 芸能ニュース > AKB48と姉妹グループ総勢239人がさいたまスーパーアリーナに集結

AKB48と姉妹グループ総勢239人がさいたまスーパーアリーナに集結

 25枚目の最新シングル「GIVE ME FIVE!」(発売・You,Be Cool!/キングレコード)が通算7作目のシングルミリオンを達成して大ヒット中の人気女性アイドルグループ、AKB48が23日、埼玉・さいたま市のさいたまスーパーアリーナで「AKB48コンサート 業務連絡。頼むぞ、片山部長! in さいたまスーパーアリーナ」と銘打ったコンサートを開催した。

 この日から25日までの3日間連続で行われるさいたまスーパーアリーナでのコンサート、チケットは3日間とも完売。

 初日は、約2万5000人の熱狂的ファンで満席となり、熱い声援が飛び交う中、オープニングでいきなり大型ビジョンに「東京ドームコンサート開催決定」と表示されると、客席は大喜び。そして、前田敦子、大島優子、高橋みなみ、柏木由紀、渡辺麻友、小嶋陽菜の6人がAKB48としては初の演出である、ゴンドラに乗って登場し、「GIVE ME FIVE!」を楽器の生演奏で披露、高橋が「初日がついに始まりました。皆さん、盛り上がってますか〜!」と客席に向かって元気いっぱいにあいさつ。姉妹グループのSKE48、NMB48、HKT48、JKT48、SDN48、総勢239人のメンバーたちと競演しながらチーム曲、ユニット曲、それにシングル曲から「風は吹いている」「フライングゲット」「会いたかった」「ヘビーローテーション」などを次々と熱唱した。

 アンコール前には、東日本大震災の復興応援ソング「誰かのために-What can I do for someone?-」やアンコール曲でGoogle+をきっかけに生まれた曲「ぐぐたすの空」なども歌い、全43曲のプログラムで約3時間にわたって客席を存分に楽しませた。

 また、この日がAKB48との共演が最後となり、今月末で解散するSDN48の野呂佳代が「振り返ってみると、すごく充実していましたし、いろんなことを経験させてもらいました。ファンの皆さんがいつも私たちを応援してくれたのが本当にうれしかったし、だから私たちは頑張ってこれたと思います」と目を輝かせ、大島は「私たちと一緒にステージに立つのは今日が最後になりましたが、決して悲しい別れではありません。夢に向かって歩いて行く一歩です。ファンの皆さんもSDN48の背中を押し続けてあげてください」と目を潤ませながら語りつつ、同メンバーたちとの最後のステージを楽しんだ。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ