search
とじる
トップ > 芸能ネタ > ナイナイ岡村、“たむけん先生”に仮想通貨勧められていた

ナイナイ岡村、“たむけん先生”に仮想通貨勧められていた

 ナインティナインの岡村隆史が、2月1日深夜放送の『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)において、たむらけんじから仮想通貨を勧められたエピソードを披露した。

 岡村は、芸能活動以外にも副業で多くのビジネスを手がけるたむらを「先生」と呼んでいる。大阪の岡村の楽屋を訪ねたたむらから「兄さん(仮想通貨)やってないんですか」「いつまで馬に乗ってるつもりですか。僕ら車乗ってますけどね」とまくしたてられた。たむらは、かつては移動手段が馬だったものが車に取って代わられた文明の変化を例えに、「誰がそんな時代来ると思ってました? 馬は糞もしますからね」と仮想通貨は未来のスタンダードであると価値を力説。「絶対損はさせませんから」と言われ、勉強会への参加を勧めた。岡村は同じく仮想通貨に興味を持っていた銀シャリの橋本直と「たむけん先生に教えてもらおうか、勉強しようかと思っていたんですよ」と述べた。だが、岡村は、仮想通貨は最初にやった人しか儲からないのではと考えたようで、「自分はやりません」と宣言した。

 たむらは藤崎マーケットのトキ、サバンナの八木真澄ら後輩芸人に仮想通貨を勧めており、芸人間における指南役といえる。特にトキは財産のほとんどをつぎこんでしまい、銀行残高は6万円しか残らなかった。次にたむらに会ったら「蹴ってしまうかも」と恨み節を述べている。

 さらに、たむらは、岡村に対しては昨年、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の終了をインスタグラム上でフライング発表するなど不義理をはらたき、東京まで謝罪に出向いている。そうした“前科”に加えて、岡村に仮想通貨を勧めていたとなれば、さらなる批判を浴びそうだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ