search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 元祖癒やし系女優・大原麗子さん孤独死の謎

元祖癒やし系女優・大原麗子さん孤独死の謎

 ハスキーボイスとつやっぽい演技で人気だった女優・大原麗子さん(62)が6日午後7時ごろ、東京都世田谷区の自宅で死亡しているのが見つかった。大原さんと連絡が取れないことを不審に思った大原さんの弟が警視庁に連絡。警視庁成城署員が寝室で死亡している大原さんを発見した。死後2週間以上経過しているという。警視庁は事件の可能性は低いとみて、詳しい死因を調べている。

 名女優の最期は孤独死だった。大原さんの弟がかけた警察にかけた電話が発見につながった。今月3日、都内に住む弟が成城署に電話で相談。署員が様子を見に行ったが鍵がかかり中に入れなかった。6日午後7時10分ごろ、合鍵を持った弟が同行して、署員4、5人と家に入ると、大原さんは2階の寝室であおむけに倒れていたという。
 成城署によると、死後2週間以上経過しており、警視庁が詳しい死因を調べている。外傷や着衣の乱れはなく、自殺の可能性はないこと、門扉や玄関などが施錠されており、現金が盗まれた形跡もないことから、事件性は薄いとしている。
 しかし、マスコミ関係者からはこんな声も。「事件ではないにしても、死後2週間とは、時間が経ち過ぎている。あれだけの人だから、自宅に出入りする人はある程度いたのでは」(週刊誌記者)。
 大原さんは99年に急に手や脚に力が入らなくなり、歩行障害などを引き起こす難病ギラン・バレー症候群を患い、表舞台から遠ざかっていた。昨年11月、自宅ガレージで転倒事故を起こし、右手首を骨折、ひざを打撲するなどの重傷を負った。
 また、一部マスコミには、91年と93年に乳がんの手術を受けていたことを明かしていた。91歳の実母が施設に入所しており、介護での心労もあったようだ。病気後は薬の副作用から、そううつ状態が激しく、知人に頻繁に電話をかけるものの、話の内容に整合性がとれないことが多く、次第に友人らは距離を置くようになったともいわれる。最近は金銭的にも楽でなく、ブランド品を売るなどしていたという。「健康状態がすぐれず、人づき合いから遠ざかっていたんでしょう。しかし、それなら逆に、心配して様子を見に来る人がいてもいいはず」(同)。
 大原さんは東京都出身。1964年、NHKのオーディションに合格してデビュー。65年「孤独の賭け」で映画の世界へ。「網走番外地」「男はつらいよ」のシリーズや「獄門島」「おはん」など多くの作品に出演。独特のハスキーな声と落ち着いた演技で存在感を発揮した。テレビでもNHK大河ドラマ「春日局」(89)に主演したほか「獅子の時代」「山河燃ゆ」などで活躍。テレビ局の好感度調査でも幅広い支持を集めた。ウイスキーのCMでも人気で「すこし愛して、ながーく愛して」は流行語になった。

◎連絡がとれないと弟が異変に気づく
 東京都世田谷区の閑静な住宅街にある女優・大原麗子さんの自宅周辺には6日夜、報道陣約30人が詰め掛けた。警察官が警戒に当たり規制線が張られるなど、騒然とした空気に包まれた。
 近くに住む男性(57)は「大原さんが住んでいるのは知っていたが、姿を見たことは一度もなかった」と心配そうに様子をうかがっていた。
 成城署によると、今月3日、都内に住む大原さんの弟が「2週間前から(大原さんと)連絡が取れない」と同署に通報。署員が様子を見に行ったが、鍵がかかっていて中に入れなかった。6日午後7時10分ごろ、大原さんの弟と警察官が室内に入り、遺体を発見、大原さんと確認した。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ