search
とじる
トップ > 芸能ネタ > SMAP解散ネタを解禁しそうな明石家さんま

SMAP解散ネタを解禁しそうな明石家さんま

 2016年12月31日で解散したSMAP。現在まで様々な情報が交錯しており、真相はいまだ不透明。その中で、核心的な情報を持っているのがお笑い芸人の明石家さんまである。

 さんまとSMAPの関係は長きにわたる。1995年からスタートした毎年恒例のクリスマス特番「さんま&SMAP! 美女と野獣のクリスマススペシャル」(日本テレビ)では、さんまとSMAPメンバー全員が共演。昨年はSMAPが解散するということもあり放送されなかったが、同番組は2015年まで継続していた。特に木村拓哉とはプライベートでも仲が良く、誕生日プレゼントを贈る間柄。2002年放送のフジテレビドラマ「空から降る一億の星」で共演してから意気投合し、2003年からは2人の新春特番「さんタク」(フジテレビ)もスタートさせた。

 さんまは“SMAP解散”事情について、度々ラジオやテレビ番組で発言している。2016年1月にSMAPの「独立&分裂」騒動が噴出した際には、公になる前から情報をキャッチしていたことを告白。また、2016年8月27日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ)では、「いつになったら言えるかわからんけど、ゴーサインが出たらいう」とまで明かしている。

 「さんまは、ジャニーさんともメリーさんとも面識があり、お世話になったことがある。さらに木村とも親交が深いため、SMAP解散の裏情報を持っていることは明白。今年、頃合いをみて暴露する可能性は高い。フジの『27時間テレビ』が有力ですね」(週刊誌記者)

 さんまは、いつ爆弾を投下するのか、非常に気になるところだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ