search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 張本氏が苦言「今はふざけた連中が多い」 都市対抗野球のエール交換“日本にしかない光景”

張本氏が苦言「今はふざけた連中が多い」 都市対抗野球のエール交換“日本にしかない光景”

pic pic

画像はイメージです

 22日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が「ふざけた日本人が多い!」と怒りを見せるシーンがあった。

 番組では、13日から開催されている社会人野球・都市対抗野球大会を特集。張本氏も開催地・東京ドームを訪れ、観戦。応援団のエール交換に「ファンの方に絶対見てもらいたい光景ですわね。日本にしかない光景だからね」とコメントする。

 そして、画面がスタジオに戻ると、自身も東芝府中の選手として出場した落合博満氏が「東芝府中、日本通運、今のNTT東日本に補強に行って、都市対抗は3回出ました」と思い出を語る。

 すると、張本氏が「応援合戦も楽しいし試合も楽しいけどね、あのエールね、ぜひ行って見てもらいたいですよ。きっと勝ちます、勝たせます。応援して、食うか食われるかの相手ですよ。相手にもしっかり応援してやってくれと、勝てるように。こんなの日本にしかない。一回見てください。元の日本人に帰るから。今はふざけた連中が多いからね、あの姿を見たらね、ああ、よし、俺もしっかりしなきゃいけないという気持ちなるからね、ぜひ行ってもらいたい」

 と力説。都市対抗野球大会の互いの健闘を祈る文化は「日本にしかない」としたうえで、「ふざけた連中が多い」と一喝した。

 張本氏が何を指して「ふざけた連中」と言っているのかは不明だが、何かに憤りを持っている様子。エール交換は対戦相手に敬意を表して行うものであることを考えると、相手を敬う心をなくした人間が多いと言いたかったのだろう。

 コメンテーターとして、対象に敬意を持っていないような発言をすることもある張本氏。自分も「ふざけたコメンテーター」と言われないよう注意が必要かもしれない。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ