search
とじる
トップ > 芸能ネタ > オードリー若林、テレ朝で清楚系女子アナに翻弄される

オードリー若林、テレ朝で清楚系女子アナに翻弄される

 お笑い芸人が、是が非でも勝ち取りたい枠がある。テレビ朝日の平日23時15分開始の1時間枠だ。木曜日に、雨上がり決死隊が司会を務める『アメトーーク!』が放映されている同枠。メインMCを担うには、好感度と知名度とキャリアが必要で、かつ、笑いにつながる下ネタも求められる。現在、火曜日はバナナマンの『ソノサキ』、水曜日はマツコ・デラックス&有吉弘行の『マツコ&有吉 かりそめ天国』。金・土はドラマで、日曜日は関ジャニ∞の『関ジャム 完全燃SHOW』なので、芸人に与えられたチャンスは7分の4。雨上がり、バナナ、マツコ&有吉という2人1組システムに割って入っているのが、今年10月放送開始した月曜日の『激レアさんを連れてきた。』だ。芸人は、オードリー・若林正恭の1人体制なのだ。

 若林といえば、童顔と相反した鋭い舌鋒、斜に構えたツッコミセンスが魅力なのか、女性ファンから「若さま」と呼ばれている。相方の春日俊彰と務めるラジオ『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)は、若さまがテレビで見せない闇と毒がダダ漏れとあって、同局を代表する大人気プログラムだ。その高実績も、テレ朝深夜枠を1人で担った要因かもしれない。

 研究員の肩書きの若林を上座に座らせて、番組をどんどん進行していくのは、研究助手である弘中綾香テレビ朝日アナウンサー。同局の看板音楽番組『ミュージックステーション』で、タモリとコンビを組む26歳だ。ももいろクローバーZ・玉井詩織を激烈に推しているモノノフ(ももクロファンの呼称)でもある弘中は、週1ペースでタモリや大物ミュージシャンを相手にサクサク進行しているだけあって、肝の据わり方がハンパない。キャリア4年と思えない大物っぷりだ。

 番組は、九死に一生を得た一般人、前代未聞のおバカ事件に巻き込まれた文化人などの“激レアさん”をスタジオに招き、ウソのような実体験話をヘタなイラスト、手書きフリップ、写真などで説明していく。実話だけで満腹感を得られるのだが、時にはディスり、時には上から目線で、テキトーにあしらったり、無駄な知識をバンバン入れ込んだり。激レアさんを敬っているのか、小馬鹿にしているのか、疑問を抱かざるを得ないシーンを、事もあろうか弘中アナが生んでいるのだ。

 登場する激レアさんは、風俗店でくも膜下出血になった人気漫画家、育毛剤で医学界の常識を変えた普通の主婦、洞窟や洞穴で43年暮らした野人、ヒアリに70回以上も刺されている研究員、ドバイの王族に気に入られた短パンのおじさんなど。予想を上回るガチレアばかり。それを、清楚系女子アナが腹黒さを垣間見せながら、若林が煽り、ツッコみ、便乗しながら紹介していく。一筋縄でいかないお笑いのセオリーが、そこにはあるのだ。

 女子アナ、芸人、激レアさん。笑いの三つ巴戦をけん引しているのは、若さまをも手玉に取る弘中アナ。ここが、醍醐味なのだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ