search
とじる
トップ > 芸能ニュース > “NHKの爆乳アナ”杉浦友紀 “ミニスカ”山岸舞彩に勝てるのか?

“NHKの爆乳アナ”杉浦友紀 “ミニスカ”山岸舞彩に勝てるのか?

 リアルライブでも既報の通り、NHK週末のスポーツ情報番組「サタデー・サンデースポーツ」(土曜日午後10時15分〜10時45分/日曜日午後9時50分〜10時40分)でMCを務める山岸舞彩キャスター(25)が、4月から日本テレビ系列の「NEWS ZERO」に移籍するため降板することが決まった。

 その後任に抜てきを受けたのは、朝のニュース番組「NHKニュース おはよう日本」(平日は午前4時30分〜8時)で、平日にスポーツを担当する杉浦友紀アナ(29)だ。

 山岸キャスターはNHKではご法度といえるギリギリのミニスカートで、世の男性視聴者の目をクギ付けにしている。昨夏のロンドン五輪で、NHKは山岸人気を当て込んで、局アナを差し置いて、現地でのメーンキャスターに起用した。こうなると、勘違いするのは山岸キャスターで、NHKの慰留を振り切って、日テレへの電撃移籍を決めた。

 もともと、山岸キャスターにしっかりしたアナウンス経験はなく、いわば“素人”。これまではスポーツのみで、ごまかすこともできたが、今後は報道全般に関わることになり、果たして“ニュース読み”ができるのかとの不安はつきまとう。山岸キャスターは、自身と同様に局アナ経験がなかった小林真央キャスター(市川海老蔵の夫人)を目指すことになるが、その実力が問われることになる。

 山岸キャスターが去るNHKは、究極の最終兵器といえる“爆乳アナ”の杉浦アナを投入するが、それが吉と出るか凶と出るか?

 リアルライブでは地方局で無名時代の杉浦アナに早くから着目し、取り上げたことがあった。杉浦アナは06年にNHKに入局。初任地の福井では、あまりの巨乳ぶりに、元NHK山形の古瀬絵理アナ(現フリー)の再来といわれ、“北陸のスイカップ”と称された。その後、08年に地元の愛知に戻り、名古屋放送局に勤務。昨年4月に東京アナウンス室に異動し、「おはよう日本」に出演中だ。

 杉浦アナは「看板娘になれるか分からないですが、なれるように頑張りたい。『おはよう日本』の経験をふんだんに生かして頑張りたいです」と意欲を見せている。

 どうしても、バストにばかり注目がいきがちだが、上智大在学時には「ミスソフィア」に輝き、「ミス・オブ・ミス・キャンパス・クイーン・コンテスト」では準グランプリに選ばれた美貌の持ち主。山岸キャスターは派手目な容姿が売りだが、杉浦アナは地味目で清楚な雰囲気が魅力で、両者は対象的だ。

 女子アナ・ウォッチャーのA氏によると、「杉浦アナのアナウンス技術は安定していますし、今もスポーツを担当していますから、即戦力として務まると思います。山岸キャスターとはタイプが全く違いますので、あとは視聴者が判断することになりそうです」と評する。

 杉浦アナで注目されるのは、なんといっても服装だ。前述のA氏によると、「山岸キャスターのミニスカはフリーだからこそ容認された部分が多いと思います。杉浦アナには露出度が多かったり、胸元のラインがはっきり分かる服装が望まれますが、局アナですし、過剰な期待はできないのではないでしょうか。本人も実力で勝負したいようです」とコメント。

 ただ、どうしても、露出が多くなる夏場となれば、話は別。推定Fカップともいわれる爆乳で、男性視聴者を悩殺してくれそうだ。杉浦アナはあくまでも、露出ではなく、実力で山岸キャスターに対抗することになりそうだ。
(坂本太郎)

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ