search
とじる
トップ > 芸能ニュース > いろいろリセットして主演舞台で出直しを図る高岡奏輔

いろいろリセットして主演舞台で出直しを図る高岡奏輔

 俳優の高岡奏輔が主演舞台「悪」が初日を迎えた28日、上演前に取材に対応。千秋楽の来月8日が高岡の、翌9日が交際が報じられている歌手の鈴木亜美のそれぞれ誕生日のため集まった報道陣から「誕生日プレゼントを買うか?」と聞かれると、「いや、もう付き合っていないので。仲のいい友達です」と破局していたことを告白した。

 「2人は12年6月に週刊誌報道で交際が明らかになり、仲良く野球観戦する様子なども報じられていた。今回の主演舞台、高岡は並々ならぬ意気込みで臨んでいるようで、鈴木と互いの将来も含めて話し合った結果、別れを決意したようだ」(芸能記者)

 高岡は「定時制高校に通いながらラーメン屋の住み込みのアルバイトと読者モデルをしている苦学生」と、テレビ番組で紹介されたことがきっかけでスカウトされ芸能界入り。

 99年に俳優デビューし、00年公開の映画「バトル・ロワイアル」の生徒役にオーディションを勝ち抜いて選ばれた。05年公開の映画「パッチギ!」で注目を浴び、翌年、同映画で主演をつとめた沢尻エリカが当時所属していた大手芸能プロに移籍し芸名を「高岡蒼佑」から「高岡蒼甫」に変えた。順調に仕事も増え、翌年に女優の宮崎あおいと結婚。その後、ドラマがヒットし映画化された、「ROOKIES」、人気映画シリーズとなった「クローズZERO」などに出演。舞台出演もこなすなど、公私ともに順調だったのだが…。

 「09年2月には、当時売り出し中だった女性タレントとの不倫疑惑が女性誌で報じられ、それが原因で女性タレントは芸能界引退に追い込まれた。そのころから、宮崎との不仲や素行不良ぶりが報じられ始めた」(週刊誌記者)

 そして、11年7月、自身のツイッターに過剰な韓流推しをするフジテレビや日本で活動をしている韓国人タレントを批判する文章を投稿したことをきっかけに大騒動に発展。同月、事務所を辞め、一気に仕事がなくなり、同年12月に宮崎と離婚した。その後、芸名を「高岡蒼佑」に戻し、「高岡奏輔」に改名。篠原涼子、谷原章介らの所属事務所への所属が決まり、今回の主演舞台に挑む。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ