search
とじる
トップ > 芸能ニュース > スイーツ、遺体役、クイズ…X JAPAN・Toshlテレビ出演急増の影で、ボーカル交代劇が起きていた?

スイーツ、遺体役、クイズ…X JAPAN・Toshlテレビ出演急増の影で、ボーカル交代劇が起きていた?

pic pic

X JAPANのToshl

 今年に入り人気バンド・X JAPANのボーカル・Toshlがバラエティー番組で大活躍中だ。

 きっかけは、1月に放送された「ペコジャニ∞!」(TBS系)。極度のスイーツ好きをカミングアウトし、そのギャップが話題になると、2月に再出演して料理教室に挑戦。

 また、3月いっぱいで終了した「めちゃx2イケてるッ!」(フジテレビ系)のコントに遺体役で出演し、かつての洗脳騒動をイジられるひと幕も。

 4月には超難関のクイズ番組「99人の壁」(フジテレビ系)で100万円をゲット。その後も、バラエティー番組に出演し、すっかりこれまでのイメージを覆している。

 「数年前までなら、決してオファーを受けなかったような番組ばかりに出演しています。ましてや、洗脳騒動についてネタにするなど、昔では考えられなかったことです」(音楽業界関係者)

 そんな中、今月22日深夜から放送がスタートするアニメ「進撃の巨人 Season3『狼煙(のろし)』」(NHK)の主題歌をX JAPANが担当することが発表されたが、なんとそのボーカルはToshlではなく、L'Arc〜en〜Cielのhyde。

 新曲名は「Red Swan」で、グループ名は「X JAPAN feat.HYDE」。そのため、ファンの間からは、たちまちToshlの不在を悲しむ声や“ブーイング”が巻き起こってしまったのだ。

 しかし、そうなってしまったやむを得ない事情を、発売中の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 同誌によると、そうなった原因はX JAPANの契約形態。

 2007年の再結成後、メンバー個々がリーダーのYOSHIKIが統括する音楽出版社と契約する“契約方式”に変更。そんな中、Toshlは昨年、契約が切れた後、契約を更新していないという。

 その理由は、ギャラの未払いなどがあったためと言われており、現在、X JAPANとして活動する際には、コンサートや曲ごとに契約する“都度契約”になっている模様。

 そのため、新曲でToshlがボーカルを務めていないようだ。

 「高畑充希がNTTドコモのCMで歌い『紅』が話題に。そのため、今年の紅白も出場は固いと言われていますが、Toshlがいないのでは話になりません」(芸能記者)

 バンドの今後のためにも、そしてファンのためにも、YOSHIKIは改善策を考えた方が良さそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ