search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 新垣結衣 初の母親役を演じ、撮影中の思いを語る

新垣結衣 初の母親役を演じ、撮影中の思いを語る

 映画「トワイライト ささらさや」の完成披露試写会が28日都内で行われ、主演の新垣結衣を初め、大泉洋、中村蒼、寺田心、小松政夫、富司純子、深川栄洋監督ら豪華メンバーが勢揃いした。

 満員となった会場を見つめ新垣は「こんなにたくさんの方に集っていただいてびっくりしました。とても温かい映画になったと思いますので、皆さんに見ていただけるのは嬉しいです」と感激の面もち。

 最愛の夫を亡くし、1人で子供を育てるサヤ役を演じた新垣は「私を知っている方は学生服の新垣をイメージしやすいと思いますが、この作品で初めて母親、妻役に挑戦しました。母親に見えるか不安でしたがストーリーの中でサヤが母として成長していく話でもあるので、気負わずに、撮影が進むにつれ成長していければいいなという思いでやっていきました」と撮影中の思いを語った。

 同作は突然の事故で夫のユウタロウ(大泉)を亡くし、生後間もない息子を一人で育てることになったサヤ(新垣)が、心配で成仏できずに様々な他人の体に乗り移って現れる、夫ユウタロウに助けられながら成長する姿を描く涙あり、笑いありの感動ドラマ。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ