「あの台詞を言えるのがスゴい」 『ラジエーションハウス』、視聴率アップの要因は窪田正孝の演技力?

芸能ニュース 2019年05月14日 18時10分

「あの台詞を言えるのがスゴい」 『ラジエーションハウス』、視聴率アップの要因は窪田正孝の演技力?窪田正孝

 月9ドラマ『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系)の第6話が13日に放送され、平均視聴率が13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。前回第5話の10.8%からは2.4ポイントとなり、自己最高視聴率となった。

 第6話では、腹部を強打した女児が搬送され、CTを見た杏(本田翼)が脾臓の出血を確認し、治療のため傷痕が目立たないIVR(画像下治療)を提案するが、上司の鏑木(浅野和之)は一蹴。杏は医師としての実力不足を痛感するが、その後、鏑木の不在時にロビーで大腸がんの患者が急に倒れ――というストーリーが展開された。

「前話は、病院内で主人公の唯織(窪田正孝)が推理し始め、『刑事モノかよ』『放射線技師の話である必要ない』などの不満の声が集まっていた本作ですが、今話では、手術シーンもあり、医療ドラマとしての見応えも充分。視聴者からも『緊迫感もあって今までで一番面白かった』『やっと医療ドラマっぽくなってよかった』といった声が聞かれました」(ドラマライター)

 本作を巡っては、これまで本田の演技力不足がたびたび指摘されていたが、今回はその指摘を上回るほど評価された点があったという。

「視聴者から絶賛されているのは主演の窪田の演技力です。今話では、ある小説の表現をヒントにした唯織が、大腸がん患者の出血をIVRで処置している杏に本当の出血箇所を指摘。『多くの人々が金閣寺の壮麗さ目を奪われ、その参道の脇にある陸舟の松を見過ごしてしまうように、大腸がんという大きなファクトに囚われて本当の原因が見えていなかったんです』と、専門用語を交えながら話すシーンがありました。これについてネットからは、『小説から正解を発見して診断指示を出す窪田唯織のセリフ回しが見事で、よくあのセリフを説得力つけて言えたなと思った』『小説の表現を解説しつつ、専門用語交じりのあの台詞を違和感なく言えるのすごい』『ワンコキャラと切れ者演技のギャップがすごすぎる。あんなパッと切り替えできる俳優なかなかいない』という声が殺到。あらためて演技力が高評価されています」(同)

 果たして、このまま窪田の好演技で高視聴率をキープし続けることはできるだろうか――。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る