中居が鶴瓶のプライベート焼肉屋に鶏肉持参で乱入

芸能ニュース 2019年11月17日 14時00分

中居が鶴瓶のプライベート焼肉屋に鶏肉持参で乱入笑福亭鶴瓶

 中居正広と言えば、おやじキラーだ。地元・神奈川県藤沢市には中・高校時代の親友がいるが、芸能界にもジャニーズ事務所の仲間、共演経験が多い芸人や俳優ほか、幅広い職種・年齢の友だちがいて、年上の男性が多めだ。ダウンタウンの松本人志や笑福亭鶴瓶、タモリやヒロミ、出川哲朗などは、中居が20年以上も心を許している業界の大先輩だ。

 主演映画『閉鎖病棟−それぞれの朝−』が公開中の鶴瓶は、10代の中居を知る数少ない有名人。初めての共演は、鶴瓶が司会を務めていた歌&バラエティ番組の『歌謡びんびんハウス』(テレビ朝日系)。まだ入所直後でジャニーズJr.だった中居は、芸能界の右も左も知らない14歳だった。

 今では大親友となった2人は、『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で久しくメインMCという立場でタッグを組む。ある日の収録時、鶴瓶が控室で、かつて“仰天ニュース”スタッフと行った焼肉屋に電話を掛けて、予約を入れていた。「5日後に行きますわ」ということだった。それを聞き逃さなかったのは中居。ある作戦を企てた。

 「突然押しかけるというものです。業界でも予約を取れないことで知られる高級店にその日、鶴瓶さんはプロサッカーの岡崎慎司選手、兄弟漫才師のミキ、司会を務めている『A-studio』(TBS系)のスタッフさんたちと訪れました。すると、中居さんが牛肉と鶏肉を持って現れたのです。貸し切りの個室は、漫才師のような2人に大盛り上がり」(バラエティ番組の構成作家)

 「鶏がないから…」と手にした鶏肉を焼こうとした中居に、「あかんで!」と鶴瓶。「だいたいおまえ、呼んでへんのに、何来とんねん。おまえ、帰れや!」と笑顔で繰り返す鶴瓶に、聞く耳を持たない中居。“仰天ニュース”のオープニングトークが目の前で繰り広げられているとあって、演者もスタッフも喜色満面が止まらなかったという。

 2人は21歳の年齢差。12年前の『第58回NHK紅白歌合戦』では、紅組司会を中居、白組司会を鶴瓶が務め、紅白史上初となる男性タレント同士によるW司会を実現させた仲だ。この時、国語辞典さながらのブ厚い台本を頭に叩きこんだ中居に、鶴瓶は敬服。その信頼・安心があるため、“仰天ニュース”の仕切りは中居に任せている。

 ファザコンを自認する中居。亡き父の正志さんは、鶴瓶にそっくりだという。

(伊藤由華)

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る