search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 葉っぱで隠す限界ショットも「過激とは思わないです」葉月あや、豊満ボディを維持して3冊目の写真集を発売

葉っぱで隠す限界ショットも「過激とは思わないです」葉月あや、豊満ボディを維持して3冊目の写真集を発売

pic pic

葉月あや

 グラビアアイドルの葉月あやが26日、都内で写真集『a natural』(ワニブックス)の発売記念イベントを行った。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 2年ぶりとなる本写真集は、葉月にとって3冊目の写真集。これまでシチュエーションとして多く採用されて来た海での撮影を封印し、一転して川辺や高原などの大自然を背景に撮影が行われている。葉月は「30歳になったんですけど、なった途端に少し気が楽になった気がしたんです。必要以上に飾る必要も気張る必要もないって思えるようになったと言うか……。そういうこともあって、今回はありのままで撮ろうって。だから、今回は水着のカットもありません。下着やシャツを着て、飾らない感じで撮影しています」と本写真集を紹介。

 水着カットはないものの、内容はかなり過激だ。表紙は裸の葉月が葉っぱで下半身を隠しているだけのショット。これに対しても、葉月は「過激とは自分では思わないです。綺麗と思っているんです」と自信たっぷり。「仕上がったものを見ても、すごく綺麗だと思いました。わたし、こういうのやりたかったって自分でも思えた内容になっています」と嬉しそうな表情を見せる。

 「仕事を一緒にしたスタッフが今回初めての人ばかり。でも、みんなめちゃくちゃ馴染んでくれて、和気あいあいやれて楽しかったです。宿泊の部屋も一人一棟。わたしの部屋には露天風呂が付いていて、美味しいご飯も食べられました」と撮影も楽しんだと言い、「大変だったのは川辺での撮影。川なので水温が冷たかった。グラビアを7年やっていて一番寒い撮影でした」と撮影を回顧。

 撮影に当たってはダイエットでなく、デブエットをしたとのこと。「痩せようと思ったけど、痩せたらダメだなって思ったんです。事務所の社長とミーティングして、痩せようって。コロナの自粛期間は、トレーニングしていたんですけど、4キロも痩せていたんです。だから、撮影前にデブエットしました。『悪いこと大会』っていう名前で、お菓子を夜に食べるとか、唐揚げを夜中に食べるとかいうのを多めにやりました。2キロくらい太りました」とコメント。「わたしは152しか身長がないので、2キロでも結構太った感じになるんです。今も『悪いこと大会』が続いています」と話す。

 両親にも写真集を見せたといい、「父と母はアマゾンで頼んでいました。すごい綺麗だなって言われました。まだお前でも出せるんだなって」と両親からも高評価だったと言い、「グラビアは一応の目処として35歳までと決めています。でも、需要がある限りは続けたいです。もっと過激に。でも、大事なところは守っていこうかなって」と今後の展望も話す。「今年も写真集を出したり、テレビに出させてもらって、仕事はうまくいっているなと実感できた年でした。来年はこのまま突っ走っていきたい。プライベートはギャンブルで家を建てたいというのがあるんです。よくやるのは競輪やボートレース。ボートレーサーに推しメン?もちろんいます」と嬉しそうに話していた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ