search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 吉岡里帆「失いかけていた自信がみるみる回復しました」ベタ褒めされ、スイーツ作りに満足?

吉岡里帆「失いかけていた自信がみるみる回復しました」ベタ褒めされ、スイーツ作りに満足?

pic pic

吉岡里帆

 吉岡里帆が22日、「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」発売記念PRイベントに登壇。苦手なスイーツ作りに挑戦した。

 「カフェはよく行きます。昔からすごく好きで、お休みの日や休憩がてら一息ついたり。行くとほっとします」と吉岡。この日は「抹茶ラテバリスタ」見習いとして、抹茶やミルクの極意を3つの初挑戦を通して学んだ。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 上林春松本店の上林秀敏代表指導の下、茶葉の石臼挽きに挑戦した吉岡。1時間で40グラムしか挽けない抹茶に「ありがたみが増しますね。この粒子の細かさが抹茶ラテの美味しさなんですね」と納得の表情。上林代表も「抹茶は飲むというより食べるのに近い。素材の香りをそのまま楽しめるのが魅力」と語った。続いて、猿田彦珈琲株式会社の大塚朝之代表取締役の指導で、エスプレッソマシーンでのミルクスチームに挑んだ。緊張の面持ちでマシーンを操作するも、イメージ通りにならず、「プロの技を実感しました。おうちで作るのはなかなか上手じゃないとできない」と苦笑いした。

 プライドをかけて臨んだ抹茶スイーツの仕上げでは、モダンフレンチレストラン「sio」の鳥羽周作シェフが見守る中、チーズケーキに抹茶パウダーとコリアンダーを振りかけた。お菓子作りは「まったくしないです。子どもの時、家で作ったら全然上手じゃなかったので、私は向いていないなと。それから食べる専門です」とやや自信喪失気味の様子。しかし、「完璧。うちのスタッフよりも上手いです」、「ものすごいセンスがありますね。あんばいが素晴らしかったです」など鳥羽シェフのベタ褒め攻勢に、「ここ最近、一番褒められてます。失いかけていた自信がみるみる回復しました」と笑顔を見せた。

 「いろんな工夫があって、初めて美味しいものが生まれるんだと感じました」と振り返った吉岡。最後に「カフェ気分で楽しめるのが一番の魅力。気持ちをリラックスさせて素敵な時間を過ごしてもらえれば」とPRした。この他にクイズコーナーでは、抹茶の歴史やミルクが甘く感じられる温度、綾鷹カフェに関するクイズが出題された。

(取材・文:石河コウヘイ)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ