search
とじる
トップ > 芸能ニュース > おぎやはぎ小木「女性ってピラニアじゃないですか」森会長の女性蔑視発言巡るコメントに批判集まる

おぎやはぎ小木「女性ってピラニアじゃないですか」森会長の女性蔑視発言巡るコメントに批判集まる

pic pic

おぎやはぎ・小木博明

 10日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)での、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明の発言が批判を集めている。

 問題となっているのは、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視的発言について取り上げている際の一幕。発言について話を振られたおぎやはぎの矢作兼は、森会長の「立場だけの問題」と指摘した。

 その理由について、矢作は「芸人だってよく女性蔑視とか言われちゃうような発言とかしちゃうんですよ、『女の人って話長いけどオチないよな』とか」と自身の発言を振り返り、「(芸人は)空気読んでやるんだけど、(森会長は)読めなかったから、言っちゃったのはしょうがないけど、言っちゃいけない立場だから。そこの問題だけかな」と苦言を呈した。

 ​>>高須院長「もともとオリンピックは女人禁制」「森会長はお気の毒」擁護発言に批判集まる<<​​​

 また、続けて小木は「僕らはバラエティなんかで言ってしまうかもしれないですけど、オリンピック委員会のところ(会合)で、公の場でのああいう発言の重さに気づいていない」と矢作に同意。「今までもいろいろあったじゃないですか。お咎めなくやってきたから、誰も強くやって来なかったから(価値観が)アップデートできてなかったんですよ」と指摘した。

 さらに小木は、「言ったらもう、女性の方が超えてますよ。男女平等とか言ってますけど」と発言。「俺の一個人の考え」と前置きし、「この2~3年、女性の方が上の方に、もう一気に超えられてますから。怖いんですよね、僕もこういう所で発言するのも。何か女性のことちょっとでも言ったら、女性ってピラニアじゃないですか」「女性の池にちょっとでも入ったらあっという間に骨しか残らない場所に入ってしまった」と暴言を吐いていた。

 この発言にスタジオは騒然としていたが、視聴者からも「森会長と同類じゃん」「自分たちはいいけど芸人以外は駄目っていう風に聞こえる」「この発言も同じように問題視されるべきでは?」という批判の声が相次いでいた。

 森会長の発言を批判しながら、自身でも女性蔑視と取られても仕方のない発言をした小木に信用を失った視聴者も多かったようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ