search
とじる
トップ > レジャー > 「もし、クリソベリルが失速したらという夢物語」チャンピオンズカップ  藤川京子の今日この頃

「もし、クリソベリルが失速したらという夢物語」チャンピオンズカップ  藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 近走の力関係を比べれば、やっぱりクリソベリル一択と言う事になると思います。でも、これは誰もが思う事で私も正しいと思います。でも、それは昨日迄の話かもしれないし、一理ある事で、物理の法則とは違うわけですから、特にレースと言う不安定なテーブルでの実験です。昨日迄は1番ですが当日はわからないと言う、馬券師ならではの白昼夢に似た期待感は半端ではありません。

 もし、もしもですよ。クリソベリルが負けるような事があれば、少ない金額で大きな払戻を受けられるよと言う悪魔の誘惑にも似た、夢に迄描けそうな恍惚感は、想像するだけで顔が緩んでしまいます。まさに、ゴールドドリームです。この馬は強いのは誰もが頷くのですが、2着が多いのです。17年のフェブラリーSとチャンピオンズCは勝っているのですが、それ以降は、中央競馬は2着が多いのです。

 そうなるともし、クリソベリルが駄目で、またゴールドドリームが2着だとすると、勝つのは誰なのかと言う疑問が湧き上がりますが、チュウワウィザードも昨年はJBCクラシックを勝っての参戦でしたけれど、4着だったのです。これを考えると、芝からの転校生で大活躍のクリンチャーとエアスピネルとモズアスコットがイメージとは逆に浮上してきます。これは全くの妄想とも言えません。クリンチャーの前走で2着だった馬が、今年の平安Sで4着だったのですが、3着のゴールドドリームとは0.3秒差だったのです。勿論、斤量差もあるので条件の違いはありますが、その馬に前走で先着したクリンチャーは、意外にもゴールドドリームに近い存在なのかもしれません。

 サンライズノヴァも前走の武蔵野Sを勝って、これで2回目です。調子は戻って来ていると言えますし、アルクトスは前走のMCS南部杯では、インティやゴールドドリームを抑えて勝っています。ここ3年のレースでは、前走MCS南部杯組の馬が馬券に絡んでいます。

 クリソベリルも100%ではありません。でも、川田騎手なら大丈夫という安心感もあります。頭で考えるならクリソベリルですが、体で感じるなら大波乱だと思います。因にカフェファラオという新星が輝いて、斤量が唯一の56kgな上に鞍上はC.ルメール騎手です。要するに、クリソベリル以外は何でも有りというお話になると思うので、ここは、逆にあまり手を広げない方が良いかも知れません。

ワイドBOX 11、5、9、7

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ