search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ジャニーズ、マッチに代わりトップに立つのは東山ではない? 地位がアップしそうな2人とは

ジャニーズ、マッチに代わりトップに立つのは東山ではない? 地位がアップしそうな2人とは

pic pic

画像はイメージです

 歌手の近藤真彦が「週刊文春」(文芸春秋)で報じられた不倫を認め、所属するジャニーズ事務所から無期限の芸能活動自粛処分を受けた件について、少年隊の東山紀之が22日、司会を務めるテレビ朝日系「サンデーLIVE!!」に生出演し言及した。

 ​>>マッチ不倫報道でメディアの“忖度”が物議 日常生活でも無意識的に行っている“忖度”の正体とは<<​​​

 まず番組開始から15分過ぎ、「事務所の対応もね、近藤真彦さんの結論を出すのがちょっと遅かったですね。なので僕らも、どう対応していいのか分からないっていうとこで」と前置き。

 その後、改めてこの件に触れ、40年以上の付き合いになる近藤の「いいところも悪いところも知っています」とした上で、「近藤真彦さんには大変大きな失望感があります」と厳しい表情。

 しかし、「僕の立場からすると、マッチさんを嫌いになれない自分もいるんですね。今まさにその葛藤の中にいる感じですね」と複雑な心境を吐露したのだ。

 「東山自身も8年前に不倫スキャンダルを報じられたし、マッチは自身にとって怖い存在なので、しっかり言葉を選んだ。マッチがジャニーズの“長男”だとすれば、東山は“次男”。とはいえ、もともと2人は後輩たちの人望がなかったが、今回の件で後輩たちをさらに失望させてしまっただろう」(テレビ局関係者)

 かつては、近藤も東山もジャニーズへの貢献度の高さから、未来の社長・役員候補と言われていた。ところが、そんな2人を抜き去って現在、副社長のイスに座るのは滝沢秀明氏。そして、今後は近藤と東山に代わって2人の所属タレントの地位がアップしそうだというのだ。

 「まずはキムタクこと木村拓哉。SMAPのメンバーとして近藤、東山以上に事務所に貢献したし、意外に後輩たちの人望がある。もう1人はTOKIOの松岡昌宏。4月からはTOKIOのメンバーたちで設立する新会社の広報を務めるというが、ジャニーズ本体で長年、広報を担当してきた役員の勇退が近く、その後釜に座りそうだ」(芸能記者)

 今後、ジャニーズ内の世代交代が加速しそうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ