search
とじる
トップ > レジャー > <実録! 不倫カップルの顛末>親友へのコンプレックスが生んだ許されざる関係

<実録! 不倫カップルの顛末>親友へのコンプレックスが生んだ許されざる関係

pic pic

画像はイメージです

 罪の意識を抱えながらも、ズルズルと関係を続けてしまうのが不倫というものだろう。最終的に深い傷を負い、後悔の念にさいなまれることがほとんど。今回は、親友の旦那と不倫関係に落ちたという、浅井千春さん(仮名・29歳)の体験談をご紹介しよう。

 ​>>男の気を引くのに「胸の谷間を作らない方がいい」理由<<​​​

 「同僚に誘われ飲み会に参加したときです。男女比が4対4のいわゆる合コン形式の飲み会でした。こうした出会いにも慣れきていてテンションも上がらなかったんですが、目の前にいる男性に、興味を持ちました」

 「私にはY子という学生時代からの親友がいました。明るくてかわいくて、いつも多くの男性に囲まれているタイプでした。Y子は2年前に結婚。私も式に招かれていました。そのとき隣の新郎の席に座っていたのが、目の前にいる男、K夫だったんです。彼は結婚していることを完全に隠して参加していました」

 2人には面識がなく、結婚式以来会うこともなかったため、K夫に千春さんを覚えている様子はなかったのだそう。そして、彼女の次の行動が、運命をあらぬ方向へと進めていくことに…。

 「飲み会終わりで、彼に、『お遊びは控えめに』ぐらいに忠告するつもりでした。ところが逆に、『連絡先、教えてもらっていい?』と聞かれ、うれしくなってしまって…。だって、あの人気者のY子の旦那が、私に興味を持っているんですよ。だからつい、私がY子の友だちであることを言いそびれてしまい、連絡先だけを交換しました」

 「それから2人で何度か食事に出かけ、カラダの関係になってしまいました。罪悪感はありました。でも、関係を断つことはできませんでした。彼と会うたびに、Y子に対して優越感を覚えてしまって。それも、数カ月後にY子に会い、ある事実を告げられるまでだったんですが…」

 親友という間柄ながら、Y子に劣等感を抱いていたのだろう。それが昇華されることに快感を覚えていたのだ。そんな心地良い時間が終焉を迎えるキッカケとなる、千春さんに突き付けられた事実とはいったい…。

文/恋愛ライター・塚田牧夫

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ