search
とじる
トップ > スポーツ > 新日本G1クライマックス参戦選手発表!ジェイ・ホワイトら海外組が来日

新日本G1クライマックス参戦選手発表!ジェイ・ホワイトら海外組が来日

pic pic

ジェイ・ホワイト

 新日本プロレスは9日、宮城・仙台サンプラザホールで『NEW JAPAN ROAD』を開催した。第3試合終了後、通算30回目の記念大会となる新日本プロレス最強戦士決定戦『G1クライマックス30』の出場メンバー&ブロック分けが発表された。

 東京オリンピック、パラリンピック開催を考慮して、史上初の“秋”開催となった今年の『G1』は全19大会、合計20名のレスラーがエントリー! 特筆すべき点は、このコロナ禍において長らく来日不能となっていた新日本プロレスの常連外国人選手たちの参戦が決定したことだろう。

 Aブロックには、ジェフ・コブ、ウィル・オスプレイ、ジェイ・ホワイトが、Bブロックには、ジュース・ロビンソン、アメリカ在住のKENTAがそれぞれ出場する。さらに、昨年の『G1』ではエントリーから漏れたことに激怒した鈴木みのるが、今回はNEVER無差別級王者として、Aブロックに復活のエントリーを果たしている。また高橋裕二郎が、実に5年ぶり7回目の『G1』出場、キャリア13年で初戴冠を果たして波に乗るYOSHI-HASHIが2年ぶり4回目の出場を決めている。
出場選手とブロック分けは次の通りだ。

『G1クライマックス30』出場メンバー&ブロック分け

“ゴールデン☆スター”
飯伏幸太(4年連続 6回目の出場/2019年優勝)
“ミスター・アスレチック”
ジェフ・コブ(2年連続 2回目の出場)
“レインメーカー”
オカダ・カズチカ(9年連続 9回目の出場/2012年、2014年優勝)
NEVER無差別級6人タッグ王者 “STONE PITBULL”
石井智宏(8年連続 8回目の出場)
“The Assassin”
ウィル・オスプレイ(2年連続 2回目の出場)
“THE DRAGON”
鷹木信悟(2年連続 2回目の出場)
NEVER無差別級王者 “プロレス王”
鈴木みのる(2年ぶり 9回目の出場)
IWGPタッグ王者  “愛を捨てた聖帝”
タイチ(2年連続 2回目の出場)
“SWITCHBLADE”
ジェイ・ホワイト(3年連続3回目の出場)
“THE TOKYO PIMPS”
高橋裕二郎(5年ぶり 7回目の出場)


“100年に一人の逸材”
棚橋弘至(19年連続 19回目の出場/2007年、2015年、2018年優勝)
“The Flamboyant”
ジュース・ロビンソン(4年連続 4回目の出場)
NEVER無差別級6人タッグ王者 “混沌の荒武者”
後藤洋央紀(13年連続 13回目の出場/2008年優勝)
『KOPW2020』保持者  “敏腕プロデューサー”
矢野通(14年連続 15回目の出場)
NEVER無差別級6人タッグ王者“HEAD HUNTER”
YOSHI-HASHI(2年ぶり 4回目の出場)
IWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタル王者“制御不能なカリスマ”
内藤哲也(11年連続 11回目の出場/2013年、2017年優勝)
“Cold Skull”
SANADA(5年連続 5回目の出場)
“英国の若き匠”
ザック・セイバーJr.(4年連続 4回目の出場)
『NEW JAPAN CUP USA 2020』優勝 
KENTA(2年連続 2回目の出場)
『NEW JAPAN CUP 2020』優勝 “キング・オブ・ダークネス”
EVIL(5年連続 5回目の出場)

 海外滞在組が加わったことにより、公式リーグ戦は連日に渡って興味深いカードが組まれるのは間違いない。ユニット内の同門対決など、『G1』の舞台だからこそ実現するカードにも注目だ。今年の『G1』は19日、20日の大阪・エディオンアリーナ大阪第1競技場2連戦から開幕。ラストは10月16日、17日、18日の東京・両国国技館3連戦で、1か月に渡る長期シリーズを終える。なお、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、Aブロック公式戦開催日にはBブロック出場選手が、Bブロック公式戦開催日にはAブロック出場選手がそれぞれ出場しないことが発表されている。

(どら増田)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ