search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 【放送事故伝説】ドッキリでタレントがブチ切れ!?その時カメラは……?

【放送事故伝説】ドッキリでタレントがブチ切れ!?その時カメラは……?

pic pic

哀川翔

 「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系)、「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」(フジテレビ系)など、現在も人気の高いドッキリ番組(企画)。
 その歴史は古く、今から50年以上前に日本テレビ系で放送された『なんでもやりまショー』内の1コーナー「どっきりカメラ」ではないか、とされている(このコーナーは後に「元祖どっきりカメラ」として独立した番組になっている)。

 ​>>【放送事故伝説】『王様のブランチ』最悪の事故!?「2008年流血事件」とは?<<​​​

 50年以上の歴史のある「ドッキリ番組」であるが、仕掛けられる側は人間であるが故、我を忘れて怒ってしまうタレントも多く、トラブルに発展してしまうケースも少なくない。なかでも近年、大きな話題となったのが、2016年3月に放送された『めちゃ×2イケてるッ!』(1996年~2018年)で、ドッキリを仕掛けられた俳優・哀川翔の「ガチギレ」ぶりだった。

 哀川が登場したのは「リアクションが全く想像できない芸能人にどっきりを!!」と題した企画で、タイトルの通り、あまり表情を崩さなそうな芸能人をターゲットに行うというものだった。
 ターゲットにされた哀川は、ヤクザ映画のイメージもあるためか、ドッキリにかかった事はあまりなく、どのようなリアクションをするのか注目された。

 そして、哀川は番組の思惑通り、ケーキ爆破ドッキリに引っ掛かり、私服がケーキまみれになってしまった。

 「ドッキリ大成功」とナインティナインの二人が近寄ると、哀川はギロリと二人をにらみつけ、ケーキまみれのジャケットを床に叩きつけた。さらに、岡村の持っていた「ドッキリ大成功」の立て看板を奪い、床に叩きつけるシーンがノーカットで放送されたのである。

 このハプニングは、周囲のエキストラも目を丸くして驚いていたため、ヤラセなしのガチであると考えられ、結果的に哀川は番組責任者の謝罪を受け入れ、笑って許していたが、見ている視聴者は、どう見ても怒っている哀川の表情に思わず恐怖したという。

 なお後日、岡村がラジオで話したところによると、哀川はやはり本気で怒っていたといい、普段からの付き合いもあり、なんとか許して貰ったという。
 何事もなくてよかった!

文:穂積昭雪(山口敏太郎事務所)

関連記事

タグから探す


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ