search
とじる
トップ > スポーツ > ロッテ田村龍弘が腰痛で離脱!福田秀平に一発、チームは快勝!

ロッテ田村龍弘が腰痛で離脱!福田秀平に一発、チームは快勝!

pic pic

福田秀平

プロ野球練習試合

▼4日 ZOZOマリンスタジアム(無観客試合)
千葉ロッテ 9-3 北海道日本ハム
 千葉ロッテの田村龍弘捕手は4日、浦安市内の病院での診断の結果、急性腰痛症と診断されたと球団が発表した。田村は3日、アップ中に腰に違和感を覚えていたという。5日からファームの本拠地ロッテ浦和球場にてリハビリを行うとのこと。

 2試合連続で引き分けに終わったこのカード。この日はロッテが後攻となり、練習試合が行われた。ロッテの先発は西野勇士。西野は初回、野村佑希に2ランを浴びるが、3回を43球、被安打3、失点2の内容でマウンドを降りた。西野は「思っていたよりは、バランス良く投げることができたかなと思います。前回登板した紅白戦より全然良くなっているので、僕自身は正直ホッとしています。まだまだ状態は上げて行かないといけないと思っていますが、順調に上がってきている感じです。開幕までの時間は短いですけど、この感じでいけば良い形でシーズンに入っていけるんじゃないかなと思っています」とコメント。

 2番手の岩下大輝、3番手の中村稔弥はそれぞれ2回無失点の好投。岩下が「ストライク先行のピッチングが出来て良かったです。スピードがまだ出ていないかなと思うので、上げれるところはしっかり上げてシーズンに入りたいと思います」と語れば、中村も「ストレートは紅白戦で投げた時よりいい感じで投げる事が出来ました。状態としては良い感じで来ていると思いますが、変化球の精度がまだまだだと思うのでそこをしっかり、一つ一つ課題を埋めていきたいと思います」と前向きなコメントを残している。

 打線は13安打9得点の大爆発。6回には福岡ソフトバンクからFAで移籍した福田秀平に同点ソロホームランが飛び出し、福田は「打ったのはフォークですね。この打席は逆方向に良いバッティングが出来たんじゃないかと思います」と手応えを感じたようだ。

 このカードを1勝2分けで終えたロッテは、明日から東北楽天をZOZOマリンに迎えて3連戦を行う。

(どら増田)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ