search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 不祥事発覚のSnow Man・岩本、意外にも厳罰が下された理由とは

不祥事発覚のSnow Man・岩本、意外にも厳罰が下された理由とは

pic pic

画像はイメージです

 未成年女性と飲酒したことが発売中の「フライデー」(講談社)で報じられた、ジャニーズ事務所の9人組アイドルグループ・Snow Manのリーダー・岩本照について、岩本が事実だと認めたとして、深い反省を促すため一定期間の芸能活動自粛処分とすることが30日、同事務所の公式サイトで発表された。

 同誌は岩本がジャニーズJr.時代の17年11月、都内のラブホテルで男女10人の飲み会に参加し、その中に未成年女性がいたと報道。同サイトによると、岩本に事実確認をしたところ、未成年女性が同席していた認識はなかったものの、報道にある酒席に参加したことは事実だと率直に認めたという。

 そのため、「今回のような酒席に参加していること自体、社会人としての自覚と責任が欠如していることの表れであり、ジャニーズ事務所所属タレントとしてふさわしくない行動」と判断。結果、「岩本自身により深い反省を促すために、一定期間芸能活動を自粛することといたします」と発表した。
 「現在、新型コロナウイルスの影響で、ジャニーズ所属グループの公演が続々と中止や延期に追い込まれている。そんな混乱期だけに、岩本の処分はうやむやに済まされると思われていたが、結果、きちんと処分を下すことになった」(芸能プロ関係者)

 Snow Manは今年1月、同じ事務所のSixTONESと同日にCDデビュー。互いにライバル関係だったが、リーダー・岩本の活動自粛は大きなダメージとなりそうだ。

 「両グループを統括するのは滝沢秀明副社長だが、今後のメンバーたちに不祥事を起こさせないためにも、厳しい処分を下したのだと思われる。以前の体制だったら、ほかのメディアが後追いしないのをいいことに、スルーしていたかもしれない」(芸能記者)

 過去の不祥事でも処分を受けるのだから、今後の不祥事に対してはさらに重い処分が下されることになりそうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ