search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 子年女優19名「淫猥SEX濡れ場」公開(2)

子年女優19名「淫猥SEX濡れ場」公開(2)

pic pic

提供:週刊実話

 初映画で見せた黒木瞳の全裸

 そして、今年48歳になる年女、五十路の大台を目前にしながら、男へのエッチな情熱がますます燃え上がっているように見えるのが、女優の高岡早紀だ。

「12月上旬に行われた高岡の誕生日パーティーに、’14年に交際が伝えられた外食産業『ダイヤモンドダイニング』の松村厚久氏の姿がありました。難病の若年性パーキンソン病を患っており、歩行が困難な松村氏に肩を貸す献身的な高岡の姿がとらえられています」(夕刊紙デスク)

 だが、この松村氏が高岡のパートナーかというと、ちょっと違うようだ。

「確かに2人が信頼し合う“特別な関係”にあることは間違いありませんが、一方、昨年のインタビューで『新しい恋? 恋愛をするというより、ラストパートナーになって欲しいと思えるような人と出会えたらいいな、と思っています』と答えているように、新たな出会いに意欲的。実際、松村氏との関係が明らかになった後も、舞台『娼年』で激しく絡んだ松坂桃李の誘惑説、また妻子持ちの舞台俳優・山口馬木也とのアヤしい関係もキャッチされており、やりたい放題ですからね」(同)

 あの極上美ボディーは、“あの日”と変わっていないのだから、男を引きつけてやまないのは当然だろう。

「高岡といえば、やはり’94年公開の『忠臣蔵外伝 四谷怪談』でしょう。湯女役で浴衣を脱いで飛び出した、美白の爆乳の衝撃を超えるものは、そうありません。柔らかくも弾力のありそうな乳房の先端はサクラ色でした」(映画ライター)

 1月5日からスタートした『贋作 男はつらいよ』(NHK BSプレミアム)で、新年早々、その完熟フェロモンを振りまいている常盤貴子も、子年生まれの48歳となる年女だ。

「渥美清さんに似ていると評判の桂雀々を寅さんに、舞台を大阪に移しての『男はつらいよ』で、常盤は妹のさくら役。庶民的な服装ながら、かつて世の男性を魅了したあのEカップ豊乳の膨らみは隠し切れるはずもなく、セクシーシーンはなくとも常盤が画面にいるだけで、見るものをムズムズさせてしまいます」(テレビ雑誌ドラマ担当記者)
 常盤といえば、’93年のドラマ『悪魔のKISS』(フジテレビ系)でのお宝ヌードが有名だが、’16年秋公開の映画『だれかの木琴』でも、大人の色気を感じさせる、なかなかセクシーなシーンを見せてくれた。

「平凡な主婦が若い担当美容師に劣情を抱き、ストーカー化していくという物語で、常盤の衣装は地味な主婦スタイルながら、大きいおっぱいが主張しまくり。なんと、夫と若い美容師の妄想3Pシーンが登場し、肉感ボディーをまさぐられ、切ない声を漏らしてしまう。脱ぎこそ控えめでしたが、実にエロかった」(前出・映画ライター)

 10月に還暦を迎える黒木瞳にも期待したい。

「石田ゆり子や鈴木京香が“奇跡のアラフィフ”と注目されていますが、それを言うなら黒木です。4年前に開設したインスタグラムには、まるで少女のような笑顔がいっぱい。無理に若作りしているような気負いはなく、ナチュラルに年を重ねている黒木の姿にファンからの賛辞が止まりません」(女性誌記者)

 そんな黒木だが、宝塚を退団後は、映画で脱ぎまくりだった。トップ濡れ場女優として、そのカラダを大いに見せつけてくれた。

「語り草となっているのは、退団後に公開された初の主演映画『化身』での濡れ場の数々でしょう。田舎から出てきたばかりのクラブホステスが、俳優・藤竜也演じる文芸評論家の愛人になり、徐々に女を開花させていくというストーリー。Bカップのはかなげな微乳を震わせていた可愛い姿と、後半の、性に目覚めて自ら快感を貪るようになる姿のギャップが本当にエロすぎで、“品位をおとしめた”と宝塚が激怒したというのも分かる気がします。小さな乳首が、いつも脱がされた時から硬く尖っているのは、この頃からでした」(前出・映画ライター)

 浅野ゆう子は今年で還暦だが、元気いっぱいだ。

「’14年に交際していた田宮五郎さんをくも膜下出血で亡くし、その悲しみから立ち直れずに仕事もセーブ気味でしたが、’16年の大みそかに『絶対に笑ってはいけない科学博士24時』(日本テレビ系)でキレのある自虐ダンスを披露し、ダウンタウンを悶絶させて吹っ切れたのか、現在はドラマに舞台、バラエティーにと精力的に活動中。’17年には一般男性との結婚を発表し、新妻フェロモンでお色気も増しています」(芸能ジャーナリスト)

 浅野は、かつてパーフェクトボディーでグラビア界を席巻した“元祖グラドル”ともいうべき存在。その美貌とスタイルを今もキープしているだけに、まだ“何か”を期待したくなる。

「実は、あのビートたけしも浅野の演技力には『芝居は相当うまいと思う』と絶賛したことがありますから、北野映画の再始動があれば、浅野オファーの可能性も十分ありそうです」(同)
(明日に続く)

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ