search
とじる
トップ > 芸能ニュース > “格差恋愛”にハマる女優たち

“格差恋愛”にハマる女優たち

 一部スポーツ紙で女優の香里奈とイケメン俳優の田中圭の熱愛が発覚した。

 「06年以降たびたび共演し、9月に公開された映画『ラブコメ』でラブストーリーを演じ交際に発展。香里奈はこれまで男性スキャンダルがなかったのでCMの仕事が次から次に入ったため所属事務所は完全否定した」(芸能記者)
 香里奈は放送中のフジテレビ系ドラマ「フリーター、家を買う」でヒロイン役をつとめ、来年1月スタートに日本テレビ系ドラマ「美咲ナンバーワン!!」に主演。ニッセンやカルビーのCMに出演し、モデルとしても活躍している。

 それに対し、田中は今や“和製ウッズ”とも呼ばれる小栗旬と同じ事務所で映画やドラマの仕事は多いが、「演技力は高いが脇役が多い。年収は香里奈の足元にも及ばないだろう」(同)とうだけに、はたから見れば明らかに“格差”がある。
 かつては少年隊の東山紀之やお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平と浮き名を流した女優の深田恭子は年々、交際相手がランクダウン。
 「ここ数年だと、お笑いタレントの清水アキラの三男で俳優の清水良太郎、いずれも深田と同じ事務所に所属する内田朝陽、載寧龍二と交際し、10月には女性誌で売り出し中の若手イケメン俳優・五十嵐麻朝との交際が発覚。五十嵐は芸能活動だけでは食えずに、バイトもしていた」(週刊誌記者)
 将来性のあるイケメンの成長を見守る…という人選では決してなく、時には日本ハムにドラフト1位指名された“ハンカチ王子”こと早大の斎藤佑樹投手にもアプローチをかけていたが、基本的に“格差恋愛”がお好きなようだ。

 女優の仲間由紀恵は昨年、俳優の田中哲司との熱愛が報じられ、つい最近も交際続行中であることが写真誌で報じられた。
 「仲間の事務所はあれこれ“仕掛け”をして何とか別れさせようとした。田中とほかの女性の2ショット写真が写真誌に掲載された時にはかなり仲間が落ち込んだようだが、別れなかった。このまま結婚する可能性もあり得る」(テレビ局関係者)
 一時は人気シリーズ「ごくせん」で高視聴率を獲得し“ドラマ女王”の座に近い仲間はCMにも恵まれている。対して田中は切れ間なく仕事が入っているものの仲間と比べてしまえば明らかに“格差”がある。

 そして、いよいよ真打ち登場ともいえるのが、10月にキャンドルアーティストのキャンドル・ジュン氏と結婚し、先日になって妊娠16週目であることを発表した広末涼子だ。
 「前夫でデキ婚したモデルでデザイナーの岡沢高宏は大した年収がなく“ヒモ状態”にもかかわらず、広末との間に子供をつくったが、やはりうまくいかず離婚。ジュン氏ともデキ婚したものの、波瀾万丈な結婚生活が予想される」(女性誌記者)
 では、なぜ、女優たちは“格差恋愛”にハマるのか?
 「いつも女優●●というキャラクターを演じて気張っているから、息がつける相手がほしい。同じぐらいの稼ぎのある俳優だと相手も気張っているから気疲れしてしまうのでは。だから、芸能人ではない“格差婚”でもいい。かつては、山口智子が唐沢寿明と、松嶋菜々子が反町隆史と結婚するなど“同格”の芸能人カップルが多かったが、最近の女優さんは価値観が違うようだ」(大手芸能プロ幹部)
 とはいえ、2度ともデキ婚した広末の“格差恋愛”好きは香里奈、深田、仲間とは別格のようだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ