search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 女より仕事の綾野剛

女より仕事の綾野剛

 売れに売れ、今や小栗旬に代わって所属事務所の“看板俳優”になってしまったのが綾野剛だ。

 NHKの大河ドラマ「八重の桜」では悲劇の会津藩主を演じ、「空飛ぶ広報室」(TBS)は爽やかな空自の広報官役を演じているが、「大河にレギュラー出演した場合、ほかの仕事はセーブしているが、綾野の場合、お構いなしになるべくオファーは受けるようで、パンク寸前なのでは」(テレビ関係者)。

 以前は小栗のバーターでの端役が多かったが、昨年1月から放送されたNHKの朝ドラ「カーネーション」でヒロイン・尾野真千子の不倫相手を演じ一気にブレーク。

 今年はドラマが1月から放送された「最高の離婚」(フジテレビ)、映画は2月に「横道世之介」が公開されたほか、大人気アニメの実写版映画「ガッチャマン」など3本の出演作が公開を控える。

 プライベートではブレーク前の10年10月に女性誌で女優の戸田恵梨香との熱愛が発覚。多忙によるすれ違いで今春ごろまでに破局してしまったようだが、綾野のブレークは戸田との交際が大きく後押ししたようだ。

 「交際後、戸田の父親を紹介された際、戸田との収入格差を理由に交際を反対された。たしかに、当時、戸田はすでに売れっ子でCMも抱えていたが、なんとか収入差を埋めようと奮起した」(テレビ関係者)

 このところ、浮いた話が聞こえて来ないが、「今や『女・石田純一』とも言われる元SDN48の芹那が『最高の離婚』で共演した際、綾野の連絡先を聞いて猛アタックしたが、綾野は忙しすぎて相手にしなかった。狙った“獲物”を次々と仕留めていた芹那だけに、かなり落ち込んでいたようだ」(同)

 綾野が忙しいうちは女性ファンは安心していて良さそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ