紅白歌合戦出場でなぜ嫌われる? 芸能界のゴッドねぇちゃん・和田アキ子

芸能ネタ 2015年11月27日 18時30分

紅白歌合戦出場でなぜ嫌われる? 芸能界のゴッドねぇちゃん・和田アキ子

 第66回紅白歌合戦の出場歌手が26日に発表された。乃木坂46やレベッカの初出場、小林幸子の企画枠での復帰などが話題となっているが、ネット上で、「なぜ、あの歌手が出場するのか?」と目の敵にされているのが和田アキ子だ。

 出場歌手の記者会見で、選考の方法について、同番組のプロデューサーは、「今年の活躍、世論の支持、番組の企画・演出」を前提に選考したと発表している。そんな中、SKE48やHKT48、ももいろクローバーZ、そしてきゃりーぱみゅぱみゅなど、昨年出場を果たしながら、今回は落選となったメンバーと比べ、ネット上では、「和田アキ子が出場できて、なぜ落ちたのか」とファンは怒り心頭だ。まるで、出場できなかった怒りを和田アキ子にぶつけているような勢いだ。

 紅白歌合戦での和田不要論が盛り上がったのは2013年頃から。ある雑誌での「見たくない紅白出場歌手ランキング」では第1位となり、CDの売り上げも年間で1000枚以下とされる和田への風当たりは強くなった。そして、今年10月には一部夕刊紙で“和田アキ子 紅白ピンチ”との報道も飛び出した。

 和田アキ子は1968年に「和製リズム・アンド・ブルースの女王」とのキャッチフレーズで、「星空の孤独」でレコードデビュー。1972年には、「あの鐘を鳴らすのはあなた」で第14回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。ちなみに、彼女のヒット作とも呼べる同曲だが、当時の音楽チャートでも53位と奮っていない。さらに、他にも和田の知られている曲も「笑って許して」が11位、「古い日記」が44位。音楽チャートがミュージシャンとしてのすべての結果とは言えないものの、決して大ヒットを生み出す歌手ではない。和田の歌唱力は誰もが認めるところだが、データとしては以上の結果だ。

 歌手というよりも、彼女を芸能界のトップに押し上げたのは、バラエティ番組での活躍だろう。日本テレビ『金曜10時!うわさのチャンネル!!』に出演し、番組内で「ゴッド姉ちゃん」と呼ばれ、強くて怖いというイメージが世間に浸透した。そのイメージは現在も続く冠番組TBS『アッコにおまかせ!』でも引き継がれている。しかし、最近はこのイメージだけが先行することで、いわば“アンチ”を増やしてしまっているというのも現実だ。ただ、そんな和田は、囲み取材などでの対応は非常に記者に協力的で評判は決して悪くない。少し過激でエラそうなコメントが目立つこともあるが、それも、「取材記者の期待に応えたい」との思いがあるようだ。

 ちなみに、ここ数年、和田アキ子の紅白出場が決まるとバッシングともいえるコメントがネット上をにぎわすことが恒例だが、今回はちょっと違う。もう一人、和田と同じようにバッシングを近藤真彦もうけている。その理由は、「今さら、あんな下手な歌を聞きたくない」というもの。「出場は和田アキ子以上に不可思議」と散々な言われようだ。

 いっそのこと、今回はそれぞれ紅組白組で、和田アキ子と近藤真彦の歌う順番を同じにして、嫌われモノ対決をしてみるのも面白いかも?

ピックアップ
芸能ネタ新着記事

後輩・水トちゃんまでもダシにする森圭介アナの悲しきTwitter活動
2019年11月18日 12時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る