search
とじる
トップ > スポーツ > 所英男、凱旋試合に負けたら「大みそかDynamaite!!」辞退&「極貧バイト生活」逆戻り

所英男、凱旋試合に負けたら「大みそかDynamaite!!」辞退&「極貧バイト生活」逆戻り

 “闘うフリーター”所英男(チームZST)が9日、都内のリバーサルジムで会見。ホームリングZSTでの凱旋試合が決まったが、負ければ大みそか「Dynamite!」辞退という過酷な条件が突き付けられた。大みそか出場権を懸けた査定マッチに挑むことになった闘うフリーター。実はこのサバイバル戦で敗北した場合には悲劇のシナリオが待ち受けている。
 闘うフリーターの3年連続となる大みそか出撃に大きな試練が課せられた。
 約1年9カ月ぶりとなるホームリングZSTへの凱旋試合が決まった所。この日は同団体の旗揚げ5周年大会「ZST15」(23日、東京・ディファ有明)のメーンで新Uの異端児こと稲津航(U-FILECAMP登戸)と対戦することが発表された。
 年内最終興行の大トリに登場することになったエース所だが、その一方でこの一戦は大きな意味を持つことになった。というのも、ZST上原譲広報が「ここで負けたら今年の最後の試合になります」と意向を示したから。もし敗北を喫することがあれば、2年連続出場している大みそか「Dynamite!」の参戦を見送るという。

 ここにきて、急きょZST凱旋マッチは大みそかの査定マッチとなってしまったが、実は所にとってこのサバイバルマッチは「Dynamite!」出場権以外にも今後の格闘人生を左右する命運が懸かっているのだ。やや青ざめた顔の所がそっと打ち明ける。
 「いままで口外しなかったっすけど、7月にブラック・マンバに負けて原点回帰するというか、頭を切り替えるためにクリーニング店でアルバイトをしようとしたんです。ただ、そのときはなんとなく思いとどまりました。でも今回ばかりは負けて『Dynamite!』に出れなければ、お金のこともあるので来年は生活のためにアルバイトをしなければなりません」
 果たして30歳でバイト生活に逆戻りという危機を回避し、所はこの正念場を乗り切ることができるのか。2年前にシンデレラボーイとモテはやされ、スターダムを駆け上がってきた闘うフリーターが、大きな岐路に立たされた。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ